フォト

Special Selection

  • 水がらみはすっきり系が一番
    へたくそ翡翠写真館が写真が増えて重たくなってきたため、作者お気に入りのセレクションをこちらにまとめました。

へたくそ翡翠写真館

  • 後ろ上方一回ひねり
    つれづれなるままに写しためた翡翠日記、ご覧くだされ。

ちょっといい風情

  • リスさん4
    花や動物、ちょっとしたスナップなど見てやってください。

2019年1月 2日 (水)

箱根駅伝

恒例の箱根駅伝の街頭応援に行ってきました。いろいろ番狂わせの今年の駅伝。明日の復路はどういう結果が待っているでしょうか?さて、実は別の企みがありまして、意外と使えるマイクロフォーサーズを鳥撮りに使えないか?と言う実験を兼ねています。オリンパスのOMD EM-1/Ⅱは、AF追従で10コマ、固定なら15コマが撮れると言います。ムービーでも通常30コマですけどねえ。電子シャッターでも撮れ、それなら無音で撮影ができます。今回掲載の写真の前半5枚ほどは電子シャッター、後半は通常の機械シャッターです。見分けがつきませんね。問題はAF-Cのピント追従能力ですが、雑誌やネットではいやに褒めちぎって書いてありますがどんなものでしょうか?さて、ではご覧ください。あ、別にすべての選手を紹介しようという意図ではありませんので、「うちの大学の写真がない!」とか怒らないでくださいませ。(*^_^*)

P1020865_3758

向かってくる被写体をひたすら連写します。レンズは40-150ミリ(35ミリ換算80-300ミリ)F2.8のproレンスです。焦点距離もいろいろ変えてみています。

P1020947_3759

あれ?このように前景や背景にピントを持って行かれることも多く、一度外すとなかなか戻りません。

P1020951_3760

沿道はすごい人混みで、乗り出してくる人の背中や、突き出したスマホ、応援の旗で視界が妨げられ、なかなか難しい撮影です。ちゃんと撮るつもりなら脚立が必要ですね。

P1021001_3761

顔認証をONにしておくと、このように両方にピントを合わせてくれます。

P1021063_3762

横位置で撮って、周りに煩わしいものが写っていると縦位置にトリミングしています。

P1021114_3763

ピントがしっかり来ると結構シャープですね。

P1021159_3764

時々、見事に何もピントが合わないカットがあります。測距ポイントは中央一点にしてあるので、真ん中に被写体が来ないためにほかにピントを取られるのは分かるのですが、何なのでしょうか?

P1021257_3765

うんと近づいてくるとやはりピントも追い切れないようです。

P1021388_3766

150ミリはさんにっぱと同じ(実際は違うが)感触ですから、バックのぼけはきれいです。

P1021428_3767

ふうむ、こうしたスポーツなどには使えそうに思いますが、中央から少し外れるとピントが大きく外れ、翡翠などの動きものには今ひとつかと思います。まだ使いこなしが十分ではないかと思いますので、いろいろ試してみようと思います。(^_^)/
追記:結局意外にも東海大が総合優勝しましたね。各校の選手諸君にもお疲れ様と言いたいところです。
ところで、撮影は往路4区小田原付近です。
なお、連写モードについてはよくマニュアルを見ると勘違いしてる部分もありそうです。何せ機能が多すぎ、もう少し試行錯誤が必要です。

2014年12月31日 (水)

新年おめでとうございます。

皆様、明けましておめでとうございます。

旧年中はいろいろお世話になりましたが、今年も機会あれば撮影に赴く所存でおりますれば、なにとぞごひいきに、隅から隅までずずずい~と、よろしくお願い申し上げます。(^_^;)
昨日(大晦日)はジルベスターコンサートに行ってきました。いや、別に年越しコンサートというわけではないのですが、年末はやっぱりチャイコフスキーでご陽気に締めるというのもいいものです。いろいろいいことも嫌なこともありましたが、そう言ったものは忘れ、新年に明るい期待を待ちたいと思います。皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>

Mizu36

2013年6月 9日 (日)

久しぶりの完全ボウズ。(^_^;)

いやあ、今日は昼から堰で張り込んでいたのですが、見事に全く飛来なし・・・。約5時間半待って、とうとうカワセミの姿さえ見ませんでした。(あ、飛び過ぎたのが居たっけ・・・)帰りに公園にも行ってみましたが、来る気配すらなし。最後にちょこっと現れたのですが、走ってポイントについて三脚を下ろした瞬間、居なくなりました。(^_^;) 嗚呼今日の6時間はいったい何だったんだ・・・。ご一緒した皆さん、お疲れ様でした。たまにはこんなこともあるんですねえ。

Gyo

お魚はいっぱい居るんですよ、はねてますし。何でこれで食べに来ないんだろう・・・?D4、600ミリ、ISO125、大トリ。

Tyou1

Tyou2

Tyou3

することがないので、遠くのちょう(げんぼう)さんを・・・。ISO720~1000、大トリ。

Syobu1

Syobu2

帰りに寄った公園。花菖蒲がきれいでした。(それだけ・・・)ISO220~250、ほぼノートリ。

Mizu4

Mizu5

Mizu6

仕方ないので先日火曜日の残り物。ISO1800、大トリ。

Kawa5

おまえさん、今日はどこに行って餌を採ってるんだよ~?(´д`) ISO640、縦トリ+

2006年6月 1日 (木)

ハリーポッター封印中

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)柄にもなくハリーポッターのフアンなんです。というか、時々活字中毒に陥って、何でもかんでもがむしゃらに本を読まなくちゃいられなくなるんです。

ハリポタもはじめは「子どもの本じゃん」とか思っていたし、映画を見てもよくできたファンタジーだなーと感心してました。なにしろSFものとかファンタジーもの、アニメなんかも結構好きですし。本を読むのが遅くなったのは、あの本の大きさに圧倒されてたからです。本棚の場所をとってしゃあないし。そうこうするうちに携帯版、といっても結構大きいですが・・が出ました。で、読んでみるとあららこりゃなんじゃい。すっかり病みつきになってしまいました。以後、映画と前後して本文も読んでましたが、今回6巻目が発売されると同時に買ってしまいました。

でもね、読み始めると終わるまで何もできなくなることがわかってるので、恐ろしくてビニールの封を切ることができません。2日間くらいほかのことをしなくてよい時間なんて、なかなかできませんよ~。あと、もう一つ、ロードオブザリングにはまらないよう、ひたすら逃げ続けています。

2006年5月17日 (水)

翡翠事始め2

Dsc_0011 その後、買ったばかりのさんにっぱ(当時はタムロンの300ミリF2.8)と三脚を担いで公園に行きましたが、そういつも来てくれるわけではないこともわかり、あまりの高価なレンズの砲列に恐れをなし、端っこで遠慮していました。だって、なんだか怖そうなおじさんたちだったですもん。実はそんなことはなく、気のいい人が多いというのを知るのはずっと後のこと。

しばらくはネコちゃんの写真や風景などを撮っていました。

2006年5月16日 (火)

翡翠事始め

Kawasemi2 写真歴は長いのですが、何を写すかはその時々で違います。およそ8年くらい前だと思うのですが、川沿いの風景を撮るのにこっていて、市内を流れる川の源流というI公園に行ったら、池沿いに大砲のようなレンズの砲列。何事かと思ったら、きれいな鳥が飛んできました。

NikonF5 AFニッコール80-200ミリF2.8

2006年5月15日 (月)

写真道楽

Syoubu1 写真を撮るのが好きなんですが、もっぱら最近は野良猫やきれいなもの(花やチョウチョや)にカメラを向けることが多かったのです。鳥には別に興味はなかったのですが、10年ほど前にレフレックス(反射)望遠レンズの500ミリを衝動買いしたときに、何となく野鳥なんか撮れるのかな?と思ってました。撮るものがあって道具を買うのじゃないあたりが、カメラ道楽のよくあるパターンです。

NikonF5 AFニッコール85ミリF1.4(だったかな?)

2006年5月14日 (日)

始めちゃいました

仕事は多忙を極めているので、これだけはすまいと思っていたのですが、とうとうblogに手を染めてしまいました。カワセミ病もここまで来ると大変なものです。さて、今後どうなることか。最近はまっているというか、仕事のストレスの一番の解消でもある、カワセミの追っかけを主としたおぢさんのぼやきblogです。写真は「へたくそ翡翠写真館」に随時アップしていますので、見てやってください。

なお、seagullというハンドルネームは、20年ほど前にパソコン通信を始めた頃からの名前です。別に他意はないのですが、県の鳥が「カモメ」だし、カモメの舞う海沿いの地方都市に住んでますし・・・。比較的最近知ったのだけど、市の鳥は「カワセミ」だって。あは縁があるのかなあ。

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30