フォト

Special Selection

  • 水がらみはすっきり系が一番
    へたくそ翡翠写真館が写真が増えて重たくなってきたため、作者お気に入りのセレクションをこちらにまとめました。

へたくそ翡翠写真館

  • 後ろ上方一回ひねり
    つれづれなるままに写しためた翡翠日記、ご覧くだされ。

ちょっといい風情

  • リスさん4
    花や動物、ちょっとしたスナップなど見てやってください。

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 今年の撮り初めは? »

2019年1月 2日 (水)

箱根駅伝

恒例の箱根駅伝の街頭応援に行ってきました。いろいろ番狂わせの今年の駅伝。明日の復路はどういう結果が待っているでしょうか?さて、実は別の企みがありまして、意外と使えるマイクロフォーサーズを鳥撮りに使えないか?と言う実験を兼ねています。オリンパスのOMD EM-1/Ⅱは、AF追従で10コマ、固定なら15コマが撮れると言います。ムービーでも通常30コマですけどねえ。電子シャッターでも撮れ、それなら無音で撮影ができます。今回掲載の写真の前半5枚ほどは電子シャッター、後半は通常の機械シャッターです。見分けがつきませんね。問題はAF-Cのピント追従能力ですが、雑誌やネットではいやに褒めちぎって書いてありますがどんなものでしょうか?さて、ではご覧ください。あ、別にすべての選手を紹介しようという意図ではありませんので、「うちの大学の写真がない!」とか怒らないでくださいませ。(*^_^*)

P1020865_3758

向かってくる被写体をひたすら連写します。レンズは40-150ミリ(35ミリ換算80-300ミリ)F2.8のproレンスです。焦点距離もいろいろ変えてみています。

P1020947_3759

あれ?このように前景や背景にピントを持って行かれることも多く、一度外すとなかなか戻りません。

P1020951_3760

沿道はすごい人混みで、乗り出してくる人の背中や、突き出したスマホ、応援の旗で視界が妨げられ、なかなか難しい撮影です。ちゃんと撮るつもりなら脚立が必要ですね。

P1021001_3761

顔認証をONにしておくと、このように両方にピントを合わせてくれます。

P1021063_3762

横位置で撮って、周りに煩わしいものが写っていると縦位置にトリミングしています。

P1021114_3763

ピントがしっかり来ると結構シャープですね。

P1021159_3764

時々、見事に何もピントが合わないカットがあります。測距ポイントは中央一点にしてあるので、真ん中に被写体が来ないためにほかにピントを取られるのは分かるのですが、何なのでしょうか?

P1021257_3765

うんと近づいてくるとやはりピントも追い切れないようです。

P1021388_3766

150ミリはさんにっぱと同じ(実際は違うが)感触ですから、バックのぼけはきれいです。

P1021428_3767

ふうむ、こうしたスポーツなどには使えそうに思いますが、中央から少し外れるとピントが大きく外れ、翡翠などの動きものには今ひとつかと思います。まだ使いこなしが十分ではないかと思いますので、いろいろ試してみようと思います。(^_^)/
追記:結局意外にも東海大が総合優勝しましたね。各校の選手諸君にもお疲れ様と言いたいところです。
ところで、撮影は往路4区小田原付近です。
なお、連写モードについてはよくマニュアルを見ると勘違いしてる部分もありそうです。何せ機能が多すぎ、もう少し試行錯誤が必要です。

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 今年の撮り初めは? »

コメント

色々難しい設定で写されてますね。私には意味がよくわかりませんが、撮像素子の縦横比の違う組み合わせで写されたのでしょうか、すいません頭が追いつきません。(^^;
それにしても箱根小田原迄マラソン撮影に行かれたとは、凄い熱意ですね。(^^♪

OSADAさん、結局のところ、いつも使い慣れた機材が一番という結論になりそうな気がします。サブシステムが欲しいときに軽くて良いと思ったのですが、さて、どうでしょうか。まだ買ってませんけど、300ミリF4を買えば35ミリ換算ろくよんで、大きさ重さは4分の一くらいですからねえ。(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 今年の撮り初めは? »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30