フォト

Special Selection

  • 水がらみはすっきり系が一番
    へたくそ翡翠写真館が写真が増えて重たくなってきたため、作者お気に入りのセレクションをこちらにまとめました。

へたくそ翡翠写真館

  • 後ろ上方一回ひねり
    つれづれなるままに写しためた翡翠日記、ご覧くだされ。

ちょっといい風情

  • リスさん4
    花や動物、ちょっとしたスナップなど見てやってください。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月24日 (日)

生存確認・・・いや、もうね。

風邪を引いたり、休日とお天気が合わなかったりで、またまた2週間以上撮影に行けません。実はそれだけでもなく、カワちゃんの出が全然で、しかもここ何回か行った日がまた最悪という状況で、すっかりトラウマになっております。(^_^;) 早くなんとかならないのかなあ・・・。

 これではまた死亡説が流れそうなので、今月初め、まだ雛ちゃんがいた頃の残り物を貼っておきます。皆様、seagullは生きてますよ~。

Dsc_4535_00001

6月3日の大物採りですが、やっぱり向こう向きで顔が見えません。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO800、ややトリ。

Dsc_4536_00001

その続きです。ISO640

Dsc_4538_00001

ここで捕る限り、どうしても水がらみは後ろ姿になってしまいます。ISO720

Dsc_4556_00001

下流に運んでいくときは横っ飛び・・・。ISO1100、縦トリ+

Dsc_4774_00001

この際、水に絡んでいれば何でも・・・。ISO560、縦トリ+

Dsc_4823_00001

どうも動きがワンパターンですね。でも速すぎて撮れないんですけど・・・。(^_^;) ISO500

Dsc_5053_00001

お魚あるなしにこだわらず・・・。ISO250、ほんのちょいトリ。

Dsc_5054_00001

今度は正面向きだし・・・・。ISO280、縦トリ+

Dsc_5055_00001

この雛ちゃんはどこに行ったでしょう? ISO320

Dsc_5136_00001

ぱたぱたぱた・・・、ISO160、縦トリ+

Dsc_5145_00001

残念ながら目に光が入りません。ISO140

Dsc_5411_00001

元気でいるかな?ISO140、大トリ。

Dsc_5520_00001

こうなると、早く二番子が生まれないかと思っております。(^_^;) ISO200、大トリ。

Dsc_4874_00001

おまけのチョウゲンボウさん・・・。ISO100、縦トリ+
うう、やっぱり撮影に行きたいなあ・・・。

2018年6月 9日 (土)

疫病神はseagull?

梅雨の晴れ間です。今日も昼過ぎからいつものフィールドです。昨日は「最近で一番出がいいぞ」(Y御大談)だそうですが、なんと、一日おきの法則(出のいい日の翌日は出が悪い)があるとしても、昨日おとといに比べて今日はあまりにひどい結果でした。午後から最大15本の大砲が並びましたが、何しろ今日は雛ちゃん(もう若かな?)が一度も姿を現しません。あるいは親セミたちに完全に追い出されてしまったかも。来るのは堰のボロボロのママセミだけで、立て続けに飛び込んで2,3匹のお魚を食べて帰って行ってしまいます。くちばしに泥をつけてくるので、二番子のために土木工事中と思われます。そのインターバルがおよそ2時間。ただ暑い中待つばかりです。合間に下流の♂カワちゃんが来るのですが、どうもパトロールの一環と見えて、何もしないで下流に行ってしまいます。かくして、ほとんど収穫のない一日でした。これはやっぱりseagullの呪いかも知れません。ここ数ヶ月、まともに撮らせてもらったことがないseagullです。以前鉄壁の鳥運を誇ったはずなのですが、そのツケが一気に来ているようです。今日ご一緒したお仲間の皆様、ご迷惑をおかけいたしました。すべてはseagullのせいなのではないかと思っております。(^_^;)

Dsc_5792_00001

結局チャンスは2回(1時半頃と3時半頃)しかありませんが、ことごとく飛び込む場所が悪く、背中しか撮れません。一回目は動きについて行けなくて、2回目はようやく動きになれてきたのですが、そもそも顔が見えません。参りました。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO720、ほんのちょいトリ。

Dsc_5793_00001

飛び込んだあと、コンクリートのお立ち台に戻るので、必ず後ろ向きになってしまいます。ISO560

Dsc_5794_00001

せっかく捉えても、全く絵になりません。ISO560

Dsc_5708_00001

戻るときもこのように背中ばかりです。嗚呼 ISO280、縦トリ+

Dsc_5584_00001

何度やっても同じパターンです。どうしたもんだろう?ISO500、縦トリ+

Dsc_5837_00001

最後のチャンスもこの通りです。ISO500、縦トリ+

Dsc_5594_00001

こんなにむなしい一日を過ごしたのも最近よくあるパターンです。ISO100、縦トリ+

Dsc_5716_00001

これでは明日以降が危ぶまれますが、seagullがいないと案外いいかも(弱気)(^_^;) ISO320、大トリ。

Dsc_5612_00001

鉄片のてっぺんからの飛び込みは速すぎて至難の業です。ISO320、縦トリ+

Dsc_5736_00001

暇なので、サギさんのオイカワ一呑みとか・・・。ISO250、縦トリのみ。

Dsc_5531_00001

チョウゲンボウさんの飛翔とか・・・。ISO100、大トリ。

Dsc_5539_00001

ISO100、縦トリ+

Dsc_5541_00001

データ同じ・・・。

Dsc_5519_00001

先週の雛ちゃんの飛び出し・・・。ISO200、縦トリのみ。
この子達はどうしたでしょうか?どこかで元気に暮らしているといいのですが・・・。(^_^;)

2018年6月 3日 (日)

水がらみに汗汗(^_^;)

今週あたりから梅雨に向かうとのこと、貴重な晴れ間にいつものフィールドです。11時半頃につくと、お仲間はO師匠と南の公園常連のTさんだけです。雛ちゃんがちょうど飛び込んでくれ、今日は幸先が良いかと待ちますが、まあやはり今日も来ない×2。雛ちゃんがおよそ1時間ごとくらいに来ては何度か飛び込みますが、なかなかお魚が捕れず、やっとお魚を捕ればこちらが撮れず。(^_^;) まあ情けない有様です。それでも午後には最大15本の大砲が並びまして、賑わいますが出は相変わらず。4時過ぎて皆さん徐々にお帰りになりますが、5時頃になり、残った4,5名に残業手当と言いますが、ようやくいいところに飛び込んでくれたのでなんとか満足して撤収しました。今日もお目にかかった多くのお仲間の皆様、お世話様でした。

Dsc_5413_00001

お立ち台からようやくいい角度で飛んでくれました。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO560、縦トリ+

Dsc_5414_00001

これまた大きなお魚を捕りました。ISO720

Dsc_5415_00001

どうしても後ろ向きが多かったのですがね。ISO720

Dsc_5425_00001

そのあと、なぜかコンクリートの壁に一直線・・・。(^_^;) ISO200、大トリ。

Dsc_5426_00001

あらら危ない。(>_<) ISO180

Dsc_5427_00001

ついに壁に激突です。

Dsc_5428_00001

壁を蹴ってUターン。水泳みたいです。お魚が重くて持ち上げられなかったのか、壁ドンで方向転換しようとしたのか、よく分かりません。

Dsc_5456_00001

ぐるりと回って、下流に運んでいきます。ISO400、縦トリのみ。

Dsc_5481_00001

やっと杭の上まで運んできました。肩で息をしていました。(ウソ)ISO180、縦トリ+

Dsc_4792_00001

水がらみは何度かあったのですが、あまりいい角度で撮れません。ISO560、縦トリ+

Dsc_4992_00001

こんなのはいかが・・・?(^_^;) ISO250、縦トリ+

Dsc_5291_00001

昨日はグリーンバックホバがあったそうですが、今日はコンクリバックホバ。ISO110、縦トリ+

Dsc_5515_00001

今日も元気な雛ちゃんでした。ISO200、縦トリ+

Dsc_5154_00001

珍しく鉄片のてっぺんに来てくれましたが、ここからは飛び込みませんでした。ISO160、縦トリ+

Dsc_4675_00001

おまけのチョウゲンボウさんのホバ。ISO100、縦トリのみ。
さて、しきりに下流の親が雛ちゃんの追い出しにかかっているようです。次回はどうなっているのかなあ・・・。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31