フォト

Special Selection

  • 水がらみはすっきり系が一番
    へたくそ翡翠写真館が写真が増えて重たくなってきたため、作者お気に入りのセレクションをこちらにまとめました。

へたくそ翡翠写真館

  • 後ろ上方一回ひねり
    つれづれなるままに写しためた翡翠日記、ご覧くだされ。

ちょっといい風情

  • リスさん4
    花や動物、ちょっとしたスナップなど見てやってください。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

謹賀新年 (^_^;)

Hoba11logo

今年もあとわずかとなりました。このblogを見てくださる方も、多くは新年になってからかと思いますので、ちょっとフライング気味に新年のご挨拶をさせていただきます。皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>

いやあ、結局在庫あさりで新年を迎えるようになってしまいました。(^_^;) 思えば2007年は身辺にはいろいろくじけそうな事件も起こっていたのですが、カワセミフィールドでの(ようやく確保した)数時間はいつも心穏やかな時を過ごすことができました。それはカワちゃんのパフォーマンスのおかげと、いつも暖かい笑顔で迎えてくださる、すばらしいカワセミ仲間の皆さんのおかげです。最近一年でお知り合いになった方、ずっと以前から仲良くさせていただいている方それぞれおられますが、こうした人々が自分にとっての大きな財産だと思って、改めて感謝に堪えません。来るべき新年も、変わらず楽しくカワセミ撮影に「うつつを抜かし」たいと考えております。皆様、どうかよろしくお願いいたします。(へへ)

さて、在庫一枚目はいじってしまって画像が荒れてしまいましたが、600ミリ、ISO640、クロップで縦トリ。二枚目は、新年ですからご陽気にお祭りホバと言うことで、600ミリ+1.4×テレコン、ISO1400、大トリ。

Hoba8

締めは水がらみ。600ミリ+1.4×テレコン、ISO4000!、大トリ。よくISO4000なんかで撮れますね。D3の高感度特性は大変なモノです。腕のない分、この性能に頼って撮るんだろうなあ、新年からも・・・。(^_^;) まだまだ性能を全部引き出してませんけれどもね。

Kawa23

2007年12月30日 (日)

在庫あさり(^_^;)

Kawa6

今日は風がすごかったですねえ。きっと撮影には苦労されたのでは?私はと言えば、ひたすら在庫生活であります。決していい在庫があるわけではなく、まだ貼っていない画像を探して来るという、発掘作業の毎日です。今のところは先々週のカットから。一枚目は600ミリ+1.7×テレコン、ISO200、ちょいトリ。

Hoba6

ホバは快晴のホバ。こういうチャンスはなかなかありませんね。600ミリ+テレコン1.7×、ISO800、ちょいトリ。

Kawa1

最後は夕方の止まりモノ。じっとしててくれないと撮れません。600ミリ+1.7×テレコン、ISO720、ノートリ!もう明るさがありません。

2007年12月29日 (土)

年末進行(^_^;)

Kawa15

いやはや、身辺は年末進行でありまして、なかなか出撃というわけにはいきません。そこで、しばしは在庫生活となりますが、お許しください。これは先々週のカットから、600ミリ+テレコン1.4×、ISO1250、クロップでほぼノートリ。

Hoba10

ホバでやんす。2週間ホバを見てないっす。やっぱり撮りたいっす。(^_^;) 600ミリ、ISO720、クロップ+縦トリ。

Kawa19_2

最後は遠い遠い水がらみ。600ミリ+テレコン1.4×、ISO3200!、大トリ。カワちゃんの年末年始はどうなのかなあ。お屠蘇でも振る舞ってやりたいんですけど・・・。

続きを読む "年末進行(^_^;)" »

2007年12月28日 (金)

在庫使い切り(^_^;)

Kawa21

先週N公園の在庫は今日でおしまいです。ちょっとの時間でも何枚か撮れてましたねえ。明日からは在庫生活ですが、年末年始に出撃できるめどが立ちません。(^_^メ) 一枚目は冬枯れの止まりモノ。ちょっと遠いですね。600ミリ、ISO1000、ややトリ。

Kawa17

二枚目はしつこくサルスベリの止まりモノ。ここのポイントは、逆C型の枝をどう構図処理するかです。600ミリ、ISO250、ちょいトリ。ややピンアマ。(^_^;) 止まりモノのピンアマは致命的ですね。

Kawa11

最後は水がらみ。羽根の形がいまいちなー・・・なんて贅沢は言っておられません。600ミリ、ISO900、ほんのちょいトリ。

2007年12月27日 (木)

明るかったり暗かったり(^_^;)

Kawa15

例によってサルスベリの定番止まりモノ。今度は日が当たってコントラストがきつめです。日がかげっている場合とずいぶん発色が違います。この辺、まだ研究が必要ですね。600ミリ、ISO200、縦トリ+ちょいトリ。

二枚目は逆光で思いきり高感度になってしまいました。600ミリ、ISO2000!、ほぼノートリ。

Kawa13

おまけは、日陰に飛び込んで急に日向に飛び出たカワちゃん。スポット測光にしていたので、さすがにバックの暗いところに露出が引っ張られ、カワちゃんの露出が飛んでしまいました。(^_^;) 600ミリ、ISO1250、ほんのちょいトリ。

Kawa2

2007年12月26日 (水)

期待を持たせて・・・(^_^メ)

Kawa19

石の上から狙ってるカワちゃん、ここから飛び込むと撮りやすいんですけど、結局さんざん待たせて遠くの枝まで飛んで行ってしまいました。なあんだ、期待してたのに。(^_^メ) 600ミリ、ISO450、縦トリのみ。

Kawa16

すぐ上の柳の枝に来てくれました。近い近い大アップですが、一本枝がかぶって解像感を下げています。ここからの飛び出しはなんと私の目の前1.5メートル。思わずレンズを向けてシャッターを連射しましたが、写るわけがない。だってレンズの最短撮影距離は5.5メートル以上です。(^_^メ)

Kawa8

やっと画面の端っこに水がらみ。これが真ん中でとらえられなきゃあなあ。600ミリ、ISO750、ちょいトリ。

2007年12月25日 (火)

遠くで近くで(^_^;)

Kawa14

日曜日のN公園、カワちゃんは相変わらずとんでもないところから飛び込んでくれます。遠くに行ったり近くに来たり・・・。ひょっとしてからかってるのかしら・・・。(^_^;) 一枚目は例によって看板の上。フォーカスリミッターの範囲外です。600ミリ、ISO1400、ほんのちょいトリ。

Kawa22

二枚目はサルスベリの止まりモノ。ちょうど日差しがかげって、どぎつい陰が出ませんでした。600ミリ、ISO400、縦トリのみ。

Kawa9

最後は水がらみ。ちょっとピンが甘いですかね。600ミリ、ISO800、ほんのちょいトリ。水がらみではなかなかピントがカワちゃんに合ってくれません。(^_^メ)

2007年12月24日 (月)

突入のあと (^_^;)

Kawa6 昨日の突入カット(これ)の続きですが、実はカワちゃん、お魚を採り損なってありゃりゃのりゃ。いっぺん反転して水から飛び出し、もう一度水面に落っこち、そこから再び飛び上がっていきました。6駒連続の内の4駒です。(あとの2駒は水しぶきだけなので削除しました) 秒9駒で撮ってるときなので、ざっと0.7秒間の出来事です。実はこんな風に連続してピントが追えることって滅多にないんです。まだまだ修行が必要ですね。

データは、二駒目だけISO800、あとはISO1250。自動感度調整がこまめに働いてますね。すべて600ミリ、ほんのちょいトリ。

Kawa5

Kawa4

Kawa3

今日は風は強かったモノの、絶好のカワセミ日和。お仲間の皆さんはどうしたでしょうか。私はクリスマスイブのjazzコンサートでカワセミ撮影はお休み。いやあ、寺井尚子最高でしたよ。seagullがjazzにはまったのは大学生の時なんですが、当時jazz喫茶巡りが趣味とか言うと、gogo喫茶に行ってんの?とよく間違われたもんでした。(若い人にはわかんないだろーなー)(^_^;)

2007年12月23日 (日)

緊急出動!(^_^;)

Kawa20

一日雨の予報が外れて、午前11時頃から青空が見えてきました。こうなるとじっとしておられません。家族の白い目を背中に感じつつ、あわてて出動です。頭をよぎったのは、「今まで雨が降っていたのだから川は水が濁ってるはず。ってことは、水中が見えないのでカワちゃんはホバ!または水の濁りの少ない池にでるに違いない。」という山勘です。そこで、まずは様子見に(懲りずに)N公園へ。到着は11時半過ぎでしたが、驚くことに駐車場に車が全然いない。池にも人影はなく、いわゆる「独り占め状態」(^_^;) こらあダメかな?と思いつつカメラをセットする間にカワちゃん登場。フードも半分つけず、照準器も合わせるまもなく戦闘モードに突入です。

でもここは例のN公園、今日は珍しくここのカワちゃん、大サービスで何度も飛び込んで餌を採ってくれたのですが、まあ撮れない撮れない。バックにピントを取られ、画面から外れ、失敗の嵐で自己嫌悪です。一枚目は定番のサルスベリのカワちゃん。600ミリ、ISO360、縦トリ+ややトリ。テレコンつける間がありませんでした。

二枚目は今日のヒット。突入するカワちゃん。600ミリ、ISO1400、ほんのちょいトリ。いつもこんな風に飛びものが撮れるといいのになあ。

Kawa6

これでは水がらみと言うには申し訳ないので、オーソドックスな水がらみを。600ミリ、ISO720、ほんのちょいトリ。もう少し明るいとこでやってくれないかなあ・・・。

Kawa12

ところが2時頃になると、カワちゃんも広場側の松の木に隠れて出てこなくなり、飛び込むときも暗い影にしか飛び込まなくなったので、ここを潮時といつものM川とK公園に向かいます。ところが時刻も遅く、着いたら3時過ぎていました。もう撤収の時刻です。堰ではカワちゃんの声もなし。K公園ではいつものお仲間が結集していましたので、ご挨拶はできましたが、カワちゃんのパフォーマンスは全くなし。結局なにも撮れずに撤収となりました。消化不良の半日でしたが、数日分の在庫の足しにはなったかな?今日お会いした皆さん、どうもありがとうございました。明日用事で出られませんが、年内にはまた撮影に行きたいもんだと思います。

2007年12月22日 (土)

目は心の窓・・・

Kawa28

今日は雨模様のどんよりした暗い一日。だからというわけではないのですが、出撃は見送り。明日明後日も予定が立ちません。そこで、今日は瞳きらりんのカットを集めてみました。(と言うほど在庫がたくさんあるわけではありませんが)(^_^;)

一枚目は遠くを見つめるカワちゃん。横顔がりりしいね。600ミリ、ISO560、縦トリ+α。二枚目は夕暮れホバの一枚。600ミリ+テレコン1.7×、ISO2500!、クロップでほぼノートリ。

Hoba1

おまけは日陰のペリット吐き。あとで明るさを調整したら画像が荒れてしまいました。明るさを大きくいじるのは画質低下を招きますね。気をつけなくちゃ。600ミリ+テレコン1.7×、ISO1600、大トリ。

Kawa3

2007年12月21日 (金)

一カワ二カワ三にホバ・・・

Kawa4

止まりモノを背中から。600ミリ+テレコン1.7×、ISO1100、ほんのちょいトリ。テレコンつけても解像感は損なわれません。

Kawa8

ちょっととんがるカワちゃん。600ミリ、ISO400、ややトリ。でもやっぱりテレコンなしの方が階調が滑らかかな?気のせいかしら。

Hoba3

最後はホバ。羽根のブレが中途半端なような気も・・・。(^_^;) 600ミリ+テレコン1.7×、ISO800、ほんのちょいトリ。

明日からの週末、お天気はいまいちのようです。お天気のせいと、寒いのでびびってる(異様に寒がり)のと、いろいろ用事もあって、なかなか出撃の予定が立ちません。中には雪カワを狙ってる人もいるってのに、なんと軟弱なことでしょうか。>自分。

2007年12月20日 (木)

飛ぶ鳥を追えぬ勢い・・・。

Kawa13

今日は飛んでる(飛びそうな)カワちゃんのカットを集めてみました。次の土日の天気は怪しそう・・・、こりゃあ困ったなあ。(^_^;)

一枚目は先日のデカカワの続きカット、羽根の先が切れちゃいました。迫力ある大きいカットを狙うとこういうこともあります。600ミリ+テレコン1.4×、ISO1250、クロップでほぼノートリ。ここから飛び込んだ先までは追えませんでした。

Kawa26

水面を飛び去るカワちゃん。こういう横っ飛びのカットは、51点測距でピントが追いかけてくれる確率が増えました。バックがいまいちでカワちゃんが引き立ちません。600ミリ、ISO560、縦トリのみ。

Hoba7

おまけは遠~いホバ。ほとんど豆粒で、通常ならボツなのですが、超々大トリで参考までに。600ミリ+テレコン1.4×、ISO1400、超大トリ。(^_^;)

2007年12月19日 (水)

カワ心あれば水心・・・。

Kawa12

今日は乏しい水がらみを集めてみました。概して水面は暗く、高ISOの耐久テストみたいです。おまけに採餌シーンは撮れず。一枚目は見事餌取り失敗、二枚目以降は水浴びシ-ンです。(^_^;)

で、一枚目は600ミリ、ISO800、縦トリ+α。良く手前の葉っぱにAFが取られなかったこと・・・。

Kawa24

遠いコンクリート際の水浴びです。バックも汚いし、すぐ隣にはゴミの引っかかった杭があり、そこからの飛び込みです。ですから、600ミリ+テレコン1.4×、ISO4000!、大トリ。ISO4000で大大トリミングしてこんな具合です。

Kawa21

同じようなカットでスミマセン。600ミリ+テレコン1.4×、ISO2500、大トリ。まあ、これくらいの画質なら見られるでしょうか。いやあ、やっぱり水がらみは苦手です。(^_^;)

2007年12月18日 (火)

止まりモノには福がある。

Kawa5

今日は昨日撮った止まりモノ特集です。同じようなカットですが、ISO感度による解像感の違い。テレコンによる影響、色合いなどをテストしています。一枚目は600ミリ+1.7×テレコン、ISO200、ややトリ。光がもろに当たるとちょっと色合いが派手にでますね。ちなみにピクチャーコントロールは派手目のVividで、パラメータを明るさ暗め、鮮やか控えめ、シャープちょっと強めに設定してあります。解像感はいかがでしょう?

二枚目は枝に囲まれて解像感がスポイルされてますが、逆光特性を見るため。600ミリ、ISO800、クロップでさらにちょいトリ。かなりトリミングしてる計算ですね。クロップの時はトリミングしちゃダメかな。

Kawa11

さて、三枚目は自分でもびっくりの画像。600ミリ+1.4×のテレコン、ISO1250!、クロップでほぼノートリ。今まで1.7×テレコンばかり持ち上げてましたが、1.4もやるじゃん。この解像感はD2XではせいぜいISO160までのモノです、信じがたいなあ。今まさに飛び込もうとする直前のカワちゃん、あんよがかわいいでしょ?(^_^;)

Kawa14

大盤振る舞いのサービス。おまけは、カワちゃんの来ないN公園で松の木のてっぺんでまったりするアオサギさん。600ミリ、ISO200、ノートリ!あえてリサイズしない、でかい画像のまま貼りますので、心して見てください。厳密に撮ってないのでピントが甘いのですが、これが最高画質に近いはずです。レタッチはアンシャープマスクを軽くかけただけです。

Sagi2_3

2007年12月17日 (月)

ホバる角にはホバ来る・・・。

Hoba9

今日は平日ですが、先週土曜日に休日出勤した代休でお休みです。最近土日というと出が悪いという巡り合わせが続いていたので、ここで一挙に「独り占め」という悪魔のささやきを聞きながら、いそいそ出かけます。まず朝一は、「このところ出が悪いよ」というお仲間の忠告にもかかわらず、N公園へ。案の定たまに来てもなにもせずに飛び去ってしまいます。「ダメだこりゃ」とつぶやきつつ、いつものM川へ。ところが、平日ってこんなに渋滞してるのね?移動だけで一時間以上無駄にしてしまいました。そして川へ着いて唖然!「何でこんなにカメラマンがいるの!?」しかも、自主的祝日とかで勤め人のはずの幾人かも。みんな考えることって同じなのね。(^_^;)

で、今日は数少なかったホバから始めてみます。いやあ、ホバでクロップの11駒連射は最高でっせ。「か・い・か・ん・・」とか古いフレーズが出てきちゃう。どうせ空中の止まりモノですからピントが追う必要もないし。UDMA対応のメモリーカードなら、バッファフルになっても止まらずに連射が遅くなるだけです。(ちなみに、私はエクストリームⅣ)そんなわけで、まずは曇り空のホバ、枯葉バック。600ミリクロップ、ISO720、縦トリのみ。

Hoba4

次は晴天の羽根の消えるホバ。600ミリ+テレコン1.7×、このときはクロップの切り替えが間に合いませんでした)、ISO900、ほんのちょいトリ。SS320分の1

Hoba2

で、これが今日のヒット、日没直後のK公園のホバ、もう周りは暗くなっています。600ミリ+1.7×テレコン+クロップで1500ミリ相当、ISO2500!、ほぼノートリ。さすが粒子は荒れ気味ですが、ISO2500で撮れちゃうのね。テレコンの性能も含めて、感心しきりの一日でした。今日ご一緒した皆さんありがとうございました。明日から仕事がんばろうねえ。(^_^;)

2007年12月16日 (日)

明日は明日の・・・

Kawa25

風が吹く・・・と。珍しい平日出動の予定ですが、果たしてどうなりますか。優しいお仲間の皆さんがいろんなフィールドの情報を知らせてくれました。さんきゅ。(^o^) 一枚目は同じようですが先週の止まりモノ。600ミリ+テレコン1.7×で1000ミリ、ISO800、縦トリのみ。もう在庫がなくなってしまいました。

Kawa23

二枚目はちょっと画像が甘いか?600ミリ、ISO450、ほんのちょいトリ。おまけの三枚目は、これでも一応夕暮れの水がらみ。600ミリ、ISO6400(うっそー)、ちょいトリ。この条件で撮ってみようと思うだけでもすごいことですね。さすがに画像は荒れてますけど、D2XのISO800程度のイメージでしょうか。いや、ウソ800ではなく・・・。(^_^;)

Kawa1

2007年12月15日 (土)

止まりモノ三題

Kawa7

今日はいいお天気のカワセミ日和でしたが、一日お仕事でした。明日もいい天気のようですが、本日のお仕事で疲労困憊なのと、家の用事もありますので、出撃できそうもありません。でも、休日出勤の代休が月曜に取れそうなので、珍しく平日出撃ができるかな?(^_^;) ま、行かないと在庫がないんですが。一枚目はK公園の止まりモノ、冬景色。600ミリ、ISO360、ほんのちょいトリ。

Kawa14

2枚目はN公園の看板息子。(^_^;) 600ミリ、ISO220、ほんのちょいトリ。解像感を見てくださいね。

Kawa18

最後はN公園で松の木に隠れるカワちゃん。暗いところの階調はいかに?600ミリ、ISO560、ほんのちょいトリ。今週お会いできない方も多いと思いますが、また来週、よろしくお願いいたします。

2007年12月14日 (金)

水がらみ三題

Kawa9

今日は先週の水がらみを集めてみました。一枚目はK公園、600ミリ、ISO220、ちょいトリ。この一瞬前の駒にはピントが来ませんでした。(^^ゞ

二枚目はN公園の逆光カット。600ミリ、ISO1100、ほんのちょいトリ。

Kawa11

最後はボツにする予定だったんですが・・・。(^^ゞ N公園の突然の飛び込み。600ミリ、ISO250、縦トリ+α。あんまり羽根の形が良くありませんね。

Kawa15

まあ、こんな風にISO感度の余裕ができたのと、大トリに耐えるようになったので、水がらみが撮れるチャンスは広がったように思います。・・・が、困った。撮れないいいわけをカメラのせいにしにくくなっちゃった・・・。(^_^メ)

明日はまたまた休日出勤で撮影には行けません。日曜か、あるいは代休で月曜日か、どっちかに撮影にいけるといいなあ。皆さん撮り尽くさないでおいてくださいね。

2007年12月13日 (木)

またまた低感度で

Kawa10

D2Xの時の低感度と言えば、ISO100台のことでしたが、D3になって、低感度とはISO800以下と言うことになりそうです。(^^ゞ これは画期的なことですね。おかげで条件の悪いときやテレコンも気兼ねなく使えます。一枚目は、D3、600ミリ+テレコン1.7×で35ミリ換算1000ミリ、ISO500、なんとノートリ!テレコンつけてノートリでこの大きさと言うことは、止まりモノを大きく撮るのはこりゃあ至難です。

2枚目は遠い水がらみ。目の前の石がじゃまです。大伸ばしができるので、その点は確かに楽になりました。600ミリ、ISO280、大トリ。

Kawa27

おまけは、N公園で木の枝から飛び出すカワちゃん。600ミリ、ISO220、ちょいトリ。最低感度(ISO200)の限界を試してみたいモノですね。

Kawa17

そうそう、本日、長期派遣でアトランタに行ってたにゃち(息子)が帰ってきました。また近々カワセミフィールドに再デビューすると思いますので、そのときはよろしくお願いいたします。(^_^;)

2007年12月12日 (水)

「飛び」モノ・・・(^^ゞ

Kawa21

うむむ、見事な解像感と長さであります。こんなのきれいに撮ってどうすんだろ?(^_^;) 600ミリ、ISO900、ほんのちょいトリ。この次の駒では点々に写ってました。

で、しつこく600ミリ+1.7×テレコン、ISO1400、大トリ。さすがに画面が荒れちゃいました。

Kawa4

お口直し(?)にホントの飛びもの。空飛ぶ鰹節(青カビ付き)。(。_・☆\ ベキバキ 600ミリ、ISO320、ややトリ。今日は手抜きです、すんません。(^^ゞ

Kawa20

2007年12月11日 (火)

今度は高感度を・・・

Kawa30

あらま、いつの間にかカウンターが4万を超えてます。blog開設1年半、多くの方に訪問いただいて感謝です。さあて、今度は感度高めを集めてみました。D2X時代には考えられなかった・・・と言うか、最初から撮りもしなかった感度域ですね。まあ、これだけでも確実に撮れるチャンスが広がるってもんです。でも、画質優先なら使える限界はせいぜいISO1600くらいまでですかね。一枚目は600ミリ+テレコン1.7×、ISO720、縦トリのみ。

2枚目はN公園の乏しい水がらみ。暗いところで飛び込んでくれたので、露出が難しいところです。しかも逆光。感度自動設定はなかなか高性能です。600ミリ、ISO1400、ほんのちょいトリ。

Kawa12

最後は限界(かな?)夕暮れのカワちゃん。600ミリ、ISO3200、大トリ。まあ、これなら許せる範囲でしょうか?さすがD3の高感度性能はいいですね。

Kawa2

2007年12月10日 (月)

低感度を集めてみました。

Kawa28

昨日書き忘れましたが、昨日から画像記録を14ビットRAWにしてます。D300だと連射速度が落ちるらしいのですが、D3だと連射速度は変わらず、連射枚数が1枚減りますが、その分画像がきれいと言うことですが、比較できてないので何とも。(^_^;) これはお魚くわえて飛び去るカワちゃん。600ミリ、ISO250、縦トリのみ。

続いて止まりもの、冬らしいカット・・・のつもり。600ミリ、ISO320、ちょいトリ。バックのボケはさすがフルサイズってとこですかね。

Kawa19

最後に大写しカワちゃん。バンザーイと喜んでるわけじゃなく、枝から飛び上がる一瞬。午後2時半頃ですが、色温度でちょっと赤くなっています。600ミリ、ISO280、ちょいトリ。

Kawa6

ところで、D3の11駒連射ではコンティニアスAF(動きに合わせてピントが追いかけ続ける機能)が効かないと言うことに関して、価格.comあたりではいろいろ取りざたされています。確かに、動かないものに連射する必要はないわけで、動くもの(カワちゃん)にピントを合わせ続けながら連射してほしいと誰もが思います。まずは、この仕様が事前に説明されてないと怒る人、カタログなどをよく見ないからだとつっこみを入れる人など様々。当てにならない口コミとしては、メーカー曰く、11駒でピントを追うようにもできるし、絞りの連動も問題ない、ボトルネックはVRの追従性。という話とか。で、ファームウェアのバージョンアップで対応可能と言うことを否定しなかった・・・(ホントかー)。まあ、いよいよ当てになりません。はては、他社の秒10駒は二絞り絞ると秒8駒に落ちるけど、D3は絞っても9駒を維持するからこれでいいんだとか訳のわからん話に発展しています。それよりわたしゃ、も少しバッファ(メモリー)がほしい!

2007年12月 9日 (日)

公園巡り・・・

Kawa26

今日もいい天気。昨日の「出が悪い!」という情報はあったのですが、D3のテストにはうってつけの距離と背景のN公園へ。そしたら、昨日にも増して出が悪い。ちっとも来ないし、来ても飛び込まない、絵にならない・・・。昼頃まで粘って、今度はK公園へ。そこでも出は今ひとつでしたが、多少テストになるようなカットも撮れました。今日それぞれでご一緒した皆さん、どうもありがとうございました。

さて、先週の反省から、まずD3のピクチャーコントロールを、鮮やか系のVividのままですが、彩度と明るさを下げ、輪郭強調をプラスにとパラメーターを調整。これでD2Xの時と同じような設定になるはずです。その成果が一枚目のカット。どうです?seagullワールド復活・・でしょうか?600ミリ+テレコン1.7×、ISO500、縦トリ+α。テレコンも試しましたが、この画質はどうでしょう。1.7×の方が相性がいいのかなあ?

Kawa8

水がらみはこんな風です。AFもしっかり追ってくれます。最初、51点の測距ポイント自動選択というので試したのですが、それだと画面でとらえても全くピントが的外れになることがあるので、通常の中央重点のエリアにしました。それでも今までのD2Xとは格段に違います。それから、感度自動設定というモードを使ってみてます。これは、絞り(どうせ開放)とシャッター速度2000分の1秒をマニュアルで設定し、明るさの変化は感度で調節するというものです。今までなら考えもしなかった使い方ですが、D3だときわめて有効です。それと、部分伸ばししても画像が崩れませんね。D2Xでは、とにかく低感度で、画面いっぱいで撮るように心がけていたのですが、そういった制約は気にしなくて良くなりました。(横着な写真になりそう・・・)(^_^;) 600ミリ、ISO250、ちょいトリ。

Kawa16

横っ飛びも、かなり的確に追えるようになりました。これは51点全自動モードです。こういう画面なら有効ですが、しぶきなど、きらきらするのがダメみたいですね。だいぶ設定が安定してきました。今週もあまり多くは撮れませんでしたが、徐々に自分らしい画質が再現できるようになってきて、ホッとしています。

2007年12月 8日 (土)

明日は北風が・・・

2

今日は一日仕事で東京に行ってました。そういうときに限ってうららかな日和に見えるのはひがみかな?まあ帰りには雨に降られましたけど。(^_^;) 明日も天気は良さそうですが、北風が寒いと天気予報。本当の風だけでなくてカワちゃんの出も北風だと困るなあ。今日出撃した皆さんは、あんまり撮れなかったと嘆いておりますが・・・。で、これは先週の残りカット。もう在庫がありません。D3、600ミリ、ISO800、大トリ。

Kawa10

水がらみももう後ろ向きカットしか残っていません。600ミリ、ISO800、大トリ。

明日のカワちゃんはこんなふうに笑ってくれるのでしょうか?600ミリ+テレコン1.4×、ISO640、ちょいトリ。ちょいぶれ。(゚_゚;)

Kawa12

2007年12月 7日 (金)

無題 (^_^;)

Kawa147

「にらめっこしましょ、あっぷっぷ」「あんた、なに子どもじみたことしてんのよ・・・」(・_・)

Kawa146_2

「そんなことよりお相撲しましょ、どすこーい」「ひやあ」(゜_゜;)

Kawa145

「さあ、どっからでもかかってらっしゃい!」「こっ怖いよ~」(>_<)

Kawa144

「ダメだ、これじゃぼこぼこにされちゃう」(^_^;)

Kawa143

「ボク逃げる、ごめーん」「あっ、こら」ヘ(;゚゚)ノ

Kawa142

「くわばらくわばら」「うん!情けないわねえ」(`´メ)

Kawa141_022

「待って~、やっぱりあたしも行く~」↑(^^_)ルン♪

以上、突然のカワセミ劇場でした。<(_ _)> D3、600ミリ+テレコン1.4×、ISO1600、ちょいトリ。明日はお天気は良さそうなのに仕事です。明後日日曜に行けるかどうかなあ、まだD3の設定が全然固まってない・・・。(*_*)

2007年12月 6日 (木)

やっと週後半

Kawa15b

大きく写そうと思うと今度は大変です。600ミリ+テレコン1.4×、ISO200、クロップ+大トリ。次からは肉薄あるのみ!

かと思えばこんなふうにすぐ近くに来る。「だから全くあんたって人は!」「ぐ・・・」我が家を見ているよう・・・。(^_^;) 600ミリ、ISO200、ややトリ。でもぶれてますかね。

Kawa17

最後はまたまた遠い水がらみ。これじゃあテストにならないね。600ミリ、ISO800、大トリ。

Kawa7_2

2007年12月 5日 (水)

色合いの調整

Kawa16

これはjpgで撮った(ISO感度設定ボタンの隣に、画質変更ボタンがありますが、うっかり手探りで感度をいじっているつもりで、隣の画質設定ボタンを押してました。RAWで撮ってるつもりがいつの間にかjpgのミディアムサイズになってました。)でも意外に画質が落ちてない?600ミリ+テレコン1.4×、ISO400、縦トリのみ。NXでソフト的に色彩をいじってみました。夕暮れの止まりモノとしてはこんな感じがいいかな?

おあとは例によって遠くの水がらみ。600ミリ、ISO400、大トリ。日陰のこの場所はvividの派手な色でまあまあいいかも。パラメータの調整幅が多いのでしばらく苦労します。(^_^;)

Kawa3

2007年12月 4日 (火)

思い切りが・・・

3_2

ちょっとカワちゃんの周りにゴミが目立ちますねえ、河川をきれいに、ゴミの不法投棄はやめましょう。(by環境省) まだ感度をおっかなびっくり上げてるものですから、シャッター速度も中途半端でぶれてたりします。もっと思い切って速いシャッター速度でも良かったんですね。600ミリ、ISO800、大トリ。これなら撮影パターンが従来とは大きく変わります。

Kawa13

これは明るく見えますが、16時10分頃の薄暗くなってからの一こま。やっぱり感度を上げるのをためらっていて、シャッター速度は100分の1、カワちゃんの動きで完全にぶれてます。600ミリ+1.4×テレコン。(そういえば、昨日の2羽がらみのカットもテレコン付きです、書くのを忘れました)、ISO640、ちょいトリ。やっぱり露出全体が明るく写るようですね。vividに設定してあるので、色も派手すぎます。ここも要検討です。

Kawa4

またまた遠くの水がらみ。トリミングしても画質がいいので、こういうカットも躊躇しないで撮れます。やっぱりチャンスは広がりますね。(でも、この日はカワちゃんがチャンスをくれなかったの・・) (>_<)  600ミリ、ISO800、ややトリ。まだまだ試行錯誤は続きます。

2007年12月 3日 (月)

試行錯誤あれこれ(^_^;)

6_2

これは昨日と同じカットですが、jpgの保存画質を上げ、いつもと同じ大きさになるようにリサイズしたものです。多少見やすくなったでしょうか。D3,600ミリ、ISO400、大トリ。

さて、感度による画質比較ですが、あんまり厳密ではありません。上がISO200、下がISO800、見分けがつきませんね。

5_2

4_3

遠くの絡みです。いつも逃げるのは♂。(^_^;) 600ミリ、ISO1600、ややトリ。

Kawa11_2

おまけはこれまた遠くの水浴び。600ミリ、ISO800、大トリ。

Kawa8

高感度における画質の劣化はこの条件ではあまりないように思います。もっといい条件で厳密に比較しないとダメですね。試しに1.4×テレコンを入れてみたのですが、どうも画質の劣化が目立ちます。よんにっぱだとテレコン入れてもほとんど差がないのですが、どうしたわけでしょう?ブレの問題だけではないように思うのですが。今度は1.7倍のテレコンを試してみようと思います。

 

 

2007年12月 2日 (日)

今日も小春日和

6_2

今日もいいお天気でしたが、週一参戦ペースのseagullはひたすらNXと格闘していました。使っている内に要領がわかってきて使いにくさは減りましたが、ソフト的に重いのはどうにもなりません。今までのNikonキャプチャー4も、重いと言われているソフトですが、最新とは言えないまでも私のPC環境では、十分にさくさく動いていました。ところが、NXは相当にキャッシュの容量を食うソフトみたいです。あわててパソコン屋に行ってメモリーを買ってきましたが、どうも認識しません。メモリーには異常はないので、マザーボードの問題か?元々自作パソコンなので、近々何とかしなくちゃ。

さて、一枚目はおなじみ止まりモノ。D3、600ミリ、ISO400、大トリ。もっと近づかなきゃダメですね。D3のファインダーは秀逸です。フルサイズだから当たり前でしょうが、大きく見え、ついつい間合いを遠く取ってしまいます。クロップしてもよくピントの山も見え、正確です。AFは格段に正確さが増し、ライブビューで確認してもよく合っています。今までのD2Xは点で合っている感じだったのが、今度は51点測距ですから、面で合う感じです。C社の1D系にやっと追いついただけですけど。ご自慢の3Dトラッキングという、色にロックオンして追いかける機能は、カワセミのように激しく動く対象には向かないようです。赤い色のF1を追うなんてのにはいいのでしょうね。

Kawa5

どうも適当な大きさのjpg画像を記録するパラメータがつかめません。大きさもですが、画質が落ちすぎのような気がします。これも試してみなくちゃ。しばらくお見苦しいと思いますが、ご容赦を。これは対岸の水がらみ。近くでやってくれないので、こういうカットばかりです。600ミリ、ISO800、大トリ。

白飛びや黒つぶれを防止してくれるという、D-ライティングという機能も、便利ですがほんのわずかレスポンスが落ちるというので、OFFに設定しています。その他、レスポンスに影響のある諸機能は使わず、シンプルな設定です。(ほとんどは事後RAW画像ならNXで対処できます)試しに今度は感度自動設定にしてみようかと思います。これは、絞りF4開放、シャッター速度1600分の1秒に固定しておいて、あとは感度の自動調整に任せるというやり方です。D2Xでは考えられなかったやり方ですね。まだ一日使っただけなのですが、なにか画像の露出設定が明るすぎるような気がするのと、色合いが軽くなったように思います。あの、Nikon色と呼ばれた渋い色合いはどうやったら出るか、これも試行錯誤です。鮮やか系のVividという設定は、暗いところではいいのですが、どうも派手すぎるように思いますので、次回はノーマルでやってみます。

Kawa2_4

2羽がらみもずいぶんあったのですが、必ず♂が逃げ出します。(^_^) 600ミリ、ISO200、ちょいトリ。ね、色に深みがないでしょ。連射9駒は圧倒的ですが、11駒に至ってはファインダーを見ててもよくミラーがこんなに動くなあと感心します。これでは昨日書いたように、合間にピントを合わせていくというコンティニアスAFは無理だろうなあと納得してしまいます。あともう一つ残念なのは、バッファメモリーが足りないこと。jpgならCF(メモリーカード)がUDMA対応なので100駒前後まで行くようですが、12ビットRAWではフルサイズで16駒、クロップ(秒11駒)では25駒でバッファフルです。せいぜい2秒間てことですね。(^_^;) 書き込みが早ければ回復も早いのでしょうが、昨日はホバが撮れず、実地で試してはいません。

2007年12月 1日 (土)

新兵器登場・・・と言いたいところですが。

Kawa1mini_2

Nikon D3がやってきました。昨日発売なんですが、予約を入れていた銀座の方の酸っぱい名前の店から前日午後に連絡が入り、予約順は5番ということで、発売日に手に入りました。しかし初回入荷は10台に満たず、大勢の予約客は年明けまでお待たせだそうです。

で、早速使用レポートを・・・と思っていたのですが、思わぬところで足をすくわれました。新機種のRAW(画像記録方式)は新しい規格なので、今まで使っていた管理ソフト(NikonViewer)と処理ソフト(NC4)では読み込めません。そこで、新しいViewNXと、キャンペーンでキャプチャーNXがついてくるのですが、これが慣れないせいもありますが使いにくいのなんの。おまけに重くて今日撮った画像の処理が追いつきません。そこで、今日は数枚だけ、詳しくは明日以降にさせていただきます。この数枚も試験的にやってみただけなので、これからseagullワールドの画像イメージを作らなくちゃ。と言うことで、これも未完成品です。

一枚目は、朝日を浴びたカワちゃん。今日の堰はカワちゃんのサービスが悪くて。出てはくれるんですが暗いところでさっと魚を捕っては引きこもり。ホバも撮れませんでした。D3、600ミリ、ISO100(200から一段減感)、大トリ。(^_^;) なにせ今までのD2Xでは2倍の拡大ができたので、600ミリレンズでは、35ミリ換算1200ミリで使えましたが、D3はフルサイズ、600ミリは600ミリになりますので、大きくトリミングする羽目になりました。最低感度は200ですが、あえて100で撮ってみました。ライブビューで、ファインダーでなく液晶画面でピント合わせができるのはなかなか便利です。

Kawa9mini_2

600ミリ、ISO800、大トリ。さすが高感度には強く、ちょっと見にはISO200、400、800までは区別がつきません。さすが1600を超えるとD2XのISO400並みかな?遠い対岸の水浴びなのですが。(ピンアマご容赦)

1mini

細かい設定はまだこれからなのですが、一応ピクチャーコントロールは鮮やか系のvividを選択しています。あとはほとんどデフォルトのまま。D2Xと操作性はほとんど変わりません。そうそう、DXモードで秒11駒連射の時、コンティニアスAFが効かず、最初にあったピントで固定されるそうです。ずっとピントを合わせながら追いかけてくれるわけにはいかないようです。残念。600ミリ、ISO800、大トリ。 ここに貼るサイズもまだ試行錯誤中なので、今までより大きいかと思いますが、設定が安定するまでしばしお許しを。

今日、堰でご一緒した皆さん、どうもありがとうございました。また次回よろしくお願いいたします。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »