フォト

Special Selection

  • 水がらみはすっきり系が一番
    へたくそ翡翠写真館が写真が増えて重たくなってきたため、作者お気に入りのセレクションをこちらにまとめました。

へたくそ翡翠写真館

  • 後ろ上方一回ひねり
    つれづれなるままに写しためた翡翠日記、ご覧くだされ。

ちょっといい風情

  • リスさん4
    花や動物、ちょっとしたスナップなど見てやってください。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

大物だ!

26 飛び込んだら大きなザリガニを捕まえてしまったカワちゃん。さあどうしよう?

結局何度も枝にたたきつけて、大きな口を開けて飲み込んでしまいました。食い意地だけはしっかりしているカワちゃんでした。

2006年8月30日 (水)

石の上にも3分

17_2 飛び立つのは一瞬。でもってやり直しはなし。緊張して飛ぶのを構えて待ってるわけですが、その緊張感がたまんないす。

当たり前ですが、カワちゃんはそんなこと気にするわけもないですから、いつ飛ぶやら飛ばないやら。

2006年8月29日 (火)

上空警戒

9 カワセミフィールド上空はいろんな物が飛来します。猛禽系だったり、カラスだったり、トンボさんだったり、たまにはF-18ホーネットが編隊で通り過ぎます。

で、いちいち確認するけなげなカワちゃん。そうそう、安全第一ですよ。

2006年8月28日 (月)

二人並ぶと

3_5 昨日の写真のちょっと後。もう1羽のカワちゃんがニアミス。(両方はピントが合わない、ごめんねカワちゃん)

とたんに警戒のポーズと威嚇のポーズ。いいから仲良くしなさいって。この後バトルがあるかと期待したのですが、結局片方が飛び去ってしまいました。

2006年8月27日 (日)

こらー

2_10 これも先週のカットから、縄張りに入ってきたほかのカワちゃんを威嚇する雛セミ。いっちょまえなんだから・・・。

きっと兄弟なんだと思うのですが、なぜか仲良くできないのがカワセミの生き方なんですね。なんだか、「世界平和、人類皆兄弟」なんてちょっと白々しい標語を言ってやりたくなります。

2006年8月26日 (土)

あっち向いてほい!

21_2 今週は出撃できないので、先週日曜のカットから。羽繕いするカワちゃん。

若い子の羽根は綺麗ですよね。こんなこと書くと、なんだか小児性愛?とか疑われてしまうかな。最近うっかり物が言えなくて。

2006年8月25日 (金)

飛び物

5_1 びゅ-んと飛んでくカワちゃん。

今週の週末はお天気がいまいちのようですね。仕事でどうやらカワセミフィールドに行かれそうもないのですが、別に雨乞いした訳じゃないですからね。ホントですよ。

2006年8月24日 (木)

腰が・・・

20_4 いやあ、年取るとなあ、腰に来てたまらんわ。トントントン

んなわけはありません。これは日曜日の雛ちゃんの後ろ姿ですが、なんだかじいさまが疲れて腰をさすって伸びをしてるように見えませんか?まあ、例によって妄想癖が出てきたようなわけで。(^_^;)

今度の土日は仕事が両日とも入ってしましました。もしかしたらカワセミフィールドには行かれないかな?

2006年8月23日 (水)

ピントが・・・

28_1 やっぱり水がらみはうまくいきません。画面中央にとらえ切れてないせいかと思いますが、水滴にピンが来ていて、肝心のカワちゃんに来てません。

これはひたすら修行なのでしょうかね。息子のblogに解説が載ってましたが、ちょうど同じ場面を撮ったものと思われますので、比べてみてください。(^^ゞ

2006年8月22日 (火)

8分の1秒後

14_4 昨日のカットの一こま後、つまり8分の1秒後(秒間8駒)です。

この後は下にぼけて見えてる草に隠れて見えなくなっちゃいました。ISO100では、ちょっとブレちゃいましたね。低感度も難しいなあ。

2006年8月21日 (月)

そりゃあ

12_5 葦の茎から一気にダイブに移る瞬間のカワちゃん。

ちょっと茎と重なっちゃったけど、目にばっちりピントが来てるし、面白い形が撮れました。足の形もかわいいでしょ?

日曜日のカットから。ちょいトリ。ISO100!

2006年8月20日 (日)

初めまして・・・

22_1このフィールドで始めてであった、女の子の雛ちゃん。大きなお目々とスレンダーなボディが魅力です。今後ごひいきに。

今日は一日こっちのフィールドで過ごしました。暑くてぐったりですが、カワちゃんのではいまいち。長いインターバルでは1時間以上全く出てこないこともありました。でも、6時間ほど粘った結果、少し面白いカットも撮れました。またへたくそ翡翠写真館にアップしておきますので、よろしければご覧ください。 

2006年8月19日 (土)

だから違うってば!

10_1 お魚と間違えてくわえて来ちゃったカワちゃん。困り切ってましたねえ。

14日の月曜日は、公園も子どもたちでにぎわっていましたが、返ってそのおかげでカワちゃんも出てくる場所が特定できました。人があんまりいないときはどうなんでしょうかねえ?明日の出はどうなのか?すべてギャンブル。(^_^;)

2006年8月18日 (金)

バックシャン

16_6 緑に埋もれて、背中の綺麗な雛ちゃん。

若いカワセミは、毛並みも色も綺麗です。これが成長して恋をして、子育てをするようになるともうぼろぼろになってゆきます。なんだか人生の縮図を見るようですね。カワセミの寿命はせいぜい2,3年だそうな。その間にベッカムパパセミのように不慮の死を遂げる(たぶん)という悲劇もあります。何だかなあ。

2006年8月17日 (木)

水浴び

5 水浴びして杭に戻るカワちゃん。トリミング。

雨模様で暗くなってからのカットなので、ISOも800、いや、うそ800じゃなくて。昨日の掲載写真のISO160と比べると、トリミングの関係もありますが、画像の荒れ、ノイズが格段に違います。やっぱりN社は感度を上げると画像劣化が激しいですね。とはいえ、シャッター速度を稼ぎたいときに周りが暗いとどうしようもないのですけどね。

2006年8月16日 (水)

オーソドックス

19_1 これだけ目の前に来てくれると、よんにっぱでもどアップで撮れます。およそ4メートルくらいかな?ほとんどノートリ。

それにしても、ISO160、開放2.8でもこれだけの解像力なんですね。思わず感激。胸の水滴まで写ってるし。

2006年8月15日 (火)

緑の中の雛ちゃん

11_1 夏の緑の中、小さな池で獲物をねらうカワちゃん。

まだ若い雛らしく、胸も足も黒くて、鮮やかな色になっていません。その代わり羽毛は綺麗ですね。ぜひクリックしてアップでご覧ください。ううん、Nikon色ってこんな感じかな?

へたくそ翡翠写真館にたくさんアップしました。同じような物ばかりですが、どうぞお楽しみください。

2006年8月14日 (月)

ああ勘違い

2_9 それは違うよカワちゃん。

久しぶりにカワセミフィールドに行きました。用事があって、たった4時間の参戦で、大雨にも降られましたが、いろいろ面白いカットも撮れました。後日へたくそ翡翠写真館にアップしておきます。

これはあわててお魚と間違えた雛ちゃん。この後必死に枝にたたきつけてましたが・・・。

2006年8月13日 (日)

今日も行けませんでした

23_1 お墓参りや迎え火で結局今日も出動できませんでした。案外古風な習慣を守ってる我が家・・・。(^_^;)

これは先週日曜の高飛び込み雛ちゃん。おなかから見るってのも面白いですね。今日のM本池は丸坊主だったとか。(注:ボウズとは釣りの隠語で全く獲物がないこと。てなわけで、全くカワちゃんが出てこなくて写真が一枚も撮れないこと。なんだか最近そういう目に遭うことが多くて。)出動された皆さんお気の毒様でした。

2006年8月12日 (土)

かいかい

19 かゆいときに短い足でぽりぽり頭を掻くのは、皆同じですね。目つき鋭いおっかなママセミさんですが、こういうときは本当にかわいいのね。

かゆいとき、痛いときとかおなかがすいたときなどは、人間もそうですけど、いくら気取ってても本性が出るもんですよね。

2006年8月11日 (金)

おっかないおっかさん

20_2 またしばらくフィールドへ行けません。この土日もお盆やら何やらでどうなるかなあ。

そんなわけで先週日曜のカットです。I公園の主(?)のママセミさん。なんだかベッカム父さんを思わせるようにぼろぼろですが、この眼光。おっかねー。

翡翠撮りに行くと言ったときのうちのかみさんの目つきとよく似ています。(おっと、このblgまさか見てないだろうなあ(^_^;)

2006年8月10日 (木)

残暑お見舞い

3_4 8月ももう10日ですねえ。ゆく夏は早いです。毎日暑さでひいこら言ってますけど。

それに引き替え、カワちゃんの水がらみは涼しそうでいいですね。どれほど楽しんでいるかは、本人に聞かないとわからないのですけれども。

2006年8月 9日 (水)

印象派

1_7 日曜日の末っ子雛ちゃんの肖像です。

何が印象派かというと、朝一の写真でまだ朝靄がひどく、ぼんやりした映像でした。そこでレタッチして少しはっきりさせたら、画像が荒れてなんだか点描みたいになってしまいました。

遠目に見れば結構綺麗なんですけどね。あえてこういう表現も面白いかなあなんて思いまして。恥ずかしいけどクリックしてアップで見てみてくださいな。

2006年8月 8日 (火)

TAKE OFF!

18_2 枝から一気に飛び出したカワちゃん。飛び込んだ先は見事に水辺の草の陰で、思いっきり外しちゃいました。反対側に飛んだ先はこの止まり木のちょうど向こう側で、ピントは枝にしっかり合っていました。

情けねーなー(^_^;)

2006年8月 7日 (月)

涼しそうな

13_5 やっぱり暑いときには水がらみでしょうねえ。

最近の傾向として、暑い日中はあんまりカワちゃんが出てこないんで、どっかでうちわ片手に涼んでいるかハンモックでお昼寝中かと思うのですが。考えてみれば、暑ければ水浴びをすりゃあいいんじゃないですかねえ。そうすれば本人(本カワ)も涼しいし、写真撮ってる方も喜ぶという一石二鳥と言うものです。誰かカワセミ語に翻訳して知恵を授けてくれませんか?

2006年8月 6日 (日)

新しい技

7_2 今日は久しぶりに朝早起きしてカワセミフィールドに出かけました。あんまり出はよくなかったし、ひたすら暑かったのですが、ちょっとだけ雛の、おそらくおなかの色もまだ黒かった(成鳥になるに従って鮮やかなオレンジ色になる)ので、雛の中でも末っ子かなと思うのですが、いろいろ新たな技を見せてくれました。

それがこれ、餌を採りに飛び込むのに、一度大きく上に向かってホップしてから飛び込むという大技。最初は意外な動きに全くついて行けませんでしたが、なかなか見ていてダイナミックでいいものです。やっぱり子どもの時代に移ったのだなあと実感しました。

今日の乏しい作品、へたくそ翡翠写真館にアップしておきます。

2006年8月 5日 (土)

慌て者

2_8

パパセミさんが何となくみんなに好かれていたのは、どことなくドジっぽいところでしょうか。

これは葦にとまったら急に風が吹いてあわててしがみついているところ。いつも完璧だとかえって敬遠されてしまうもの。たまにはあわてておたおたしてる方が親しみがわくってもんです。

2006年8月 4日 (金)

中年の星

13_4 近くに来てくれるんで、こんなに大きく写せるわけです。目の前でホバるとか、大きな魚を振り回すとか、思い返せばずいぶん大技を繰り出してくれました。見栄えは悪くてもアクションは最高でしたね。

次のスターがこのフィールドに現れる・・と言うか、スターに成長してくれるのはいつなのかな?

2006年8月 3日 (木)

苦み走ったいい男

18_1 ファインダー越しに眺めてるときは、みんなで「きったねーなー」とか、「ぼろぼろじゃん」などと言い合ってましたが、見ようによっては働くカワちゃんとして感情移入もありましたね。姿の見てくれでなく、「働く姿そのものが美しい」と言えばかっこいいかな?

思い返してみると、ベッカムパパセミさんも案外かっこよかったのかも。

2006年8月 2日 (水)

お話戻って「教育パパ」

1_6 またベッカム父さんの思い出です。

雛ちゃん(今年の一番子)がフィールドに出てきたときは、時に厳しく、時には魚をあげたりして甘えさせたり、いろんな「父親の心情(?)」を見せてくれました。でも、たまには厳しくしかったり、体罰?もしてましたね。おかげでこの雛ちゃんたちも立派に育ちました。パパセミさんありがとう。

2006年8月 1日 (火)

閑話休題(それはさておきと読む)2

2_5 も一つ、昨日のやけくそツバメ連射の一枚です。よく見ると(って大トリなので画像が荒いですが)ツバメさんもいろんな色してるんですね。目で見てはわかりませんが、写真で初めて発見しました。

でもやっぱりカワちゃんがいいなあ・・・。(ツバメさん遊んでくれたのにごめんね)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »