フォト

Special Selection

  • 水がらみはすっきり系が一番
    へたくそ翡翠写真館が写真が増えて重たくなってきたため、作者お気に入りのセレクションをこちらにまとめました。

へたくそ翡翠写真館

  • 後ろ上方一回ひねり
    つれづれなるままに写しためた翡翠日記、ご覧くだされ。

ちょっといい風情

  • リスさん4
    花や動物、ちょっとしたスナップなど見てやってください。

2018年8月17日 (金)

あれま、今日はまた・・・。

カンを忘れないうちにとまた今日も出撃しました。ところが今日はなぜかカワちゃんサービスが悪く、堰での大ジャンプは一回だけ。あとは下流の杭でちまちまと・・・。今日はなんと15本程度の大砲が並ぶ盛況でしたが、収穫はいまいち。どうもいけませんねえ・・・。今日ご一緒したお仲間の皆様、お世話になりました。(^_^;)

Dsc_7004_00001

お立ち台からの飛び込みはこのワンチャンスのみ。ずいぶんでないかい?(^_^;) D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO900、ほんのちょいトリ。

Dsc_7005_00001

大なのを獲りましたねえ。大物採りがこれでおしまいとはつゆ知らず・・・。ISO900、縦トリ+

Dsc_7006_00001

さて、そのつづき。ISO900

Dsc_7031_00001

運搬中です。ISO800

Dsc_7039_00001

カワちゃんも暑いのか、いつもこの水道管の影の杭に来ます。ここは暗くてうまく写せないんだけどなあ・・・。ISO400、大トリ。

Dsc_7091_00001

あとはこうやって、杭から狭いところに飛び込むばかり・・・。ISO360、縦トリのみ。

Dsc_7107_00001

遠いし暗いし、あまり撮影条件は良くありません。ISO1400、大トリ。

Dsc_7043_00001

今日も下手くそでお魚なしのカットもいろいろ・・・。ISO900、大トリ。

Dsc_7045_00001

その続き、ISO1100

Dsc_7207_00001

皆さんお帰りになったあと、O師匠と5時までねと残業してました。そしたら・・・。ISO1250、大トリ。

Dsc_7208_00001

そのつづき、こうして段々堰に近づいてきます。ISO1000

Dsc_7209_00001

これは残業手当の支給かとほくそ笑んだのですが・・・。(^_^;) ISO1000

Dsc_7081_00001

結局何もせずに下流に飛び去ってしまいました。嗚呼 ISO320、ややトリ。

Dsc_7103_00001

結局今日はあまり収穫がありませんでしたね。ISO140、大トリ。

Dsc_7235_00001

これが5時過ぎのラストカット。いったい何しに出てきたんだよ。ボーっと生きてんじゃねえよ!(>_<) ISO450、縦トリ+

P8170401_00001

ところで、サブカメラとして前回はオリンパスのEM-1MkⅡに40-150ミリ2.8proレンズに1.4×テレコンをつけてみたのですがここでは遠すぎ。そこで今日は、マウントアダプタを介してニッコールの300ミリ2.8をつけてみました。もちろんマニュアルフォーカスなのですが、EVF(電子ビューファインダー)はピント合わせには向きません。せっかくのホバがまるでピンボケ。(>_<) 仕方なくこれはおきピンで狙った水がらみです。ISO不明、大トリ。まあ参考までに。

P8170403_00001

そのつづき

P8170406_00001

さらに続き・・・。やっぱりいつものカメラが優秀だなあ・・・・。(^_^;)

2018年8月15日 (水)

ほぼ一ヶ月ぶりに

カワセミ撮影に行ってきました。暑さは相変わらずですが、今日は風が強く、水道管の下の日陰に逃げ込めば風が吹き抜けて涼しい×2。(^_^;) 今日のカワちゃんは一応1時間おきに来てくれ、お立ち台やコンクリート壁の上からの大ジャンプが見られました。でもやっぱりお魚採りは下手くそで、何度もカラブっていました。今日はお盆休みと言うことで、最大13本くらいの大砲が並びましたが、皆さんそこそこ満足されたのでは?seagullは一ヶ月ぶりのリハビリ中と言うことで、最初うまく水がらみが追えずに苦労しました。今日ご一緒したいつものお仲間の皆様、お世話になりました。また頑張っていかなくちゃなあ・・・。(*^_^*)

Dsc_6779_00001

しばらくぶりの水がらみだと、どうしてもうまくフレームに収められなかったり、ピントが追いつかなかったり・・・。精進せねば・・・。(^_^;) D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO1100、ややトリ。

Dsc_6780_00001

そのつづき、ISO1000

Dsc_6781_00001

さらに続き、ISO1000

Dsc_6805_00001

さらに何コマか後・・・。ISO800、縦トリ+

Dsc_6858_00001

4時過ぎにも来てくれました。撤収間際のカット。ISO640、縦トリ+

Dsc_6859_00001

夕日の方がやっぱりきれいですね。ISO720

Dsc_6866_00001

しばらくぶりのカワセミ撮りはやっぱり楽しかったです。ISO640

Dsc_6483_00001

お魚なしは結構撮れるのですが・・・。(^_^;) ISO450、縦トリのみ。

Dsc_6484_00001

最近真横からのカットが撮れなかったので、ちょっと嬉しいカット。ISO400

Dsc_6731_00001

真ん中の止まり木にも来てくれました。ISO720、縦トリ+

Dsc_6831_00001

飛びつきモノ・・・。ISO500、大トリ。

Dsc_6912_00001

本日のラストカット。ISO250、大トリ。

P8150142_00001

ここは最近、堰に来る子と、下流で杭から飛び込む子と両面(りゃんめん)待ちの状態です。重いカメラを担ぐのもしんどいのと、下流は手すりが高くてうまく写せないので、サブカメラとしてマイクロフォーサーズのオリンパスOM-DEM-1MkⅡに、40-150proF2.8に1.4×テレコン付き(実効420ミリ)を試してみました。旅行や日常の撮影には全く不満のないマイクロフォーサーズですが、さすがにこういうシビアな条件には向きません。軽くて手持ち撮影には便利なんですけどね。で、これはオオタカさん?チョウゲンボウさん?もっと長いレンズも必要ですが、30万円出して300ミリF4(600ミリ相当)を買う価値はないかなあ・・・。うむむ (^_^;)

2018年8月 6日 (月)

この暑さは一体・・・。

あっちへこっちへ、出張が続き、持ち帰り仕事が山をなす怒濤の2週間がやっと一段落しました。また明日からしばらく仕事が続きますが、少しはゆとりが見えてきた・・・はずなのですが、この暑さは一体何だってんでしょうか。ここしばらくあちこち飛び回って汗だくだったこともあって、せっかくのお休みもカワセミ撮りに行く気力・体力がありませんでした。そしたらまたまた台風が・・・。今年の夏もどうなってしまうのでしょう?去年は確かずっと雨続きでしたね。うっかりすると死亡フラグが立てられそうなので、前回(7/17)の残り物を貼って生存報告しておきたいと思います。(^_^;)

Dsc_6121_00001

とは言っても、たいしてチャンスもなかったのでまともな在庫があるわけでもありません。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO450、縦トリ+

Dsc_6122_00001

若は相変わらずお魚採りは下手くそなのでしょうか?ISO500、縦トリ+

Dsc_6154_00001

飛び回ってはいるのですがねえ。ISO140、大トリ。

Dsc_6085_00001

草かぶりとか・・・。ISO250、ややトリ。

Dsc_6062_00001

ISO180、大トリ。

Dsc_5927_00001

この子たち少しは成長したかなあ?ISO180、ほんのちょいトリ。

Dsc_5914_00001

止まりものでも貴重です。ISO560、縦トリのみ。

Dsc_5902_00001

飛びつきものとか・・・。ISO560

Dsc_5899_00001

ISO640、はあ、早く撮影に復帰したいなあ・・・。(>_<)

2018年7月17日 (火)

久しぶりのカワセミフィールド

暑いです。でも暑さにめげていてはこの夏中撮影に行けないじゃないかと蛮勇を振り絞り、撮影に行ってきました。自分が行くとカワセミが急に出なくなるという、疫病神のトラウマに悩まされつつ、いつもの堰に向かいます。その前に蓮の花咲く公園にも行ってみて、○濱さんとも久しぶりにお目にかかったのですが、ここは未だに通過しかないようです。蓮カワが撮れるといいのですが・・・。堰はO師匠、Nさんほかいつもの面々です。でもまあ、やっぱり来ない×2。でもようやく下流に何度か雛(若)ちゃんが来てくれますが、あまり頑張ることもなく飛び去ってしまいます。撤収間際の5時頃、ようやく堰に来てくれたカワちゃん。何度か飛び込みますが全然お魚が捕れません。(下手くそなやつめ)結局暑さでくたくたになり、5時頃に撤収いたしました。今日ご一緒した皆様、お世話になりました。(^_^;)

Dsc_5940_00001

下流の杭からの飛び込みです。フェンスがジャマで撮りにくいいたら・・・。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO720、ややトリ。

Dsc_5941_00001

久しぶりにお魚つき水がらみが撮れました。ISO720

Dsc_5942_00001

その続き、方向転換して杭に戻ります。ISO720

Dsc_5945_00001

大きいお魚、おっとっと。(いや、スナック菓子ではなく・・・)ISO900

Dsc_5969_00001

やっと運んできましたが、まあ大きいお魚。ISO320、大トリ。

Dsc_5991_00001

ペロリと食べちゃいました。これでまたしばらくは出てきません。ISO320

Dsc_6054_00001

何度も飛び込んではくれるのですが、お魚採りが下手くそで・・・。ISO560、ややトリ。

Dsc_6055_00001

でも姿はきれいですね。そういえばぼろセミの♀カワちゃんは一ヶ月出てきてないそうです。どうかしちゃったのかなあ。ISO560

Dsc_6232_00001

また杭から狭いところに飛び込みましたが・・・。ISO500、大トリ。

Dsc_6233_00001

なかなかうまくいかないもんですね。(^_^;) ISO500

Dsc_5931_00001

近くの枝で、大きな若カワちゃんが撮れました。ISO640、ほんのちょいトリ。

Dsc_5932_00001

おっと飛び出しました。ISO640

Dsc_5933_00001

飛び込みましたが、草の影で水面は見えず。くわえてきたのは小枝でした。ISO640

Dsc_5927_00001

久しぶりにカワセミを見て、シャッターを押せたので、とりあえず満足なseagullです。ISO640、ほんのちょいトリ。
さて、また行きたくなりましたが、しばらくは仕事がめちゃ忙しい時期が続きます。(>_<)

2018年7月10日 (火)

暑さでめげました・・・。(^_^;)

今日は出撃しようと仕事も片付け、スタンバっていたのですが、あまりの暑さに今日も日和ってしまいました。こんなことではカワセミ撮りの風上にも置けません。どうかそっと風下の方に置いておいてくださいませ。(爆) さて、仕方ないのでまたも5ヶ月前の旧在庫から貼っておきますが、あのころは一日で800枚近くシャッターが切れたのですね。今の状況とは隔世の観があります。暑さにも、撮影にもリハビリが必要ですね。(^_^;)

Dsc_9228_00001

今更のカットですが、D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO220、縦トリのみ。こんな近くで撮れたなんて、今になって思えば夢のようです。

Dsc_9229_00001

ゴミも一緒にくわえてますが、まあご愛敬。ISO220

Dsc_9234_00001

大きく撮れるのはいいことです。ISO220

Dsc_9236_00001

冬の日差しは優しいですね。ISO200

Dsc_9077_00001

残っていたと言うことは、背中からだからですね。ISO500、ややトリ。

Dsc_9078_00001

最近、堰では背中からしか撮れません。(それでも撮れればいい方・・・)ISO500

Dsc_9080_00001

横っ飛びが連続して撮れるのが理想です。ISO450

Dsc_9081_00001

ぐいーん・・・・。ISO450

Dsc_9082_00001

この♀カワちゃんが今の堰の主なのでしょうか?はて・・・。ISO450

Dsc_8688_00001

この大きさで縦トリのみなんですよ。ISO400

Dsc_9625_00001

この池だとお魚はちっちゃいですけどね。(^_^;) ISO250、縦トリのみ。

Dsc_8674_00001

ホバもあったし・・・。ISO450、縦トリ+

Dsc_8503_00001

冬場の方が色もきれいですね。今は子育てでボロボロ。ISO280、ややトリ。

Dsc_8986_00001

ISO180、ややトリ。
この頃みたいに思いっきり撮りまくりたいものです。(^_^;)
追記です。西日本が大雨で大変なことになっております。呉や広島、愛媛など、最近旅行で訪れたことのある場所なので心が痛みます。一刻も早い復興と、皆さんの安全を祈りたいものです。(>_<)

2018年6月24日 (日)

生存確認・・・いや、もうね。

風邪を引いたり、休日とお天気が合わなかったりで、またまた2週間以上撮影に行けません。実はそれだけでもなく、カワちゃんの出が全然で、しかもここ何回か行った日がまた最悪という状況で、すっかりトラウマになっております。(^_^;) 早くなんとかならないのかなあ・・・。

 これではまた死亡説が流れそうなので、今月初め、まだ雛ちゃんがいた頃の残り物を貼っておきます。皆様、seagullは生きてますよ~。

Dsc_4535_00001

6月3日の大物採りですが、やっぱり向こう向きで顔が見えません。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO800、ややトリ。

Dsc_4536_00001

その続きです。ISO640

Dsc_4538_00001

ここで捕る限り、どうしても水がらみは後ろ姿になってしまいます。ISO720

Dsc_4556_00001

下流に運んでいくときは横っ飛び・・・。ISO1100、縦トリ+

Dsc_4774_00001

この際、水に絡んでいれば何でも・・・。ISO560、縦トリ+

Dsc_4823_00001

どうも動きがワンパターンですね。でも速すぎて撮れないんですけど・・・。(^_^;) ISO500

Dsc_5053_00001

お魚あるなしにこだわらず・・・。ISO250、ほんのちょいトリ。

Dsc_5054_00001

今度は正面向きだし・・・・。ISO280、縦トリ+

Dsc_5055_00001

この雛ちゃんはどこに行ったでしょう? ISO320

Dsc_5136_00001

ぱたぱたぱた・・・、ISO160、縦トリ+

Dsc_5145_00001

残念ながら目に光が入りません。ISO140

Dsc_5411_00001

元気でいるかな?ISO140、大トリ。

Dsc_5520_00001

こうなると、早く二番子が生まれないかと思っております。(^_^;) ISO200、大トリ。

Dsc_4874_00001

おまけのチョウゲンボウさん・・・。ISO100、縦トリ+
うう、やっぱり撮影に行きたいなあ・・・。

2018年6月 9日 (土)

疫病神はseagull?

梅雨の晴れ間です。今日も昼過ぎからいつものフィールドです。昨日は「最近で一番出がいいぞ」(Y御大談)だそうですが、なんと、一日おきの法則(出のいい日の翌日は出が悪い)があるとしても、昨日おとといに比べて今日はあまりにひどい結果でした。午後から最大15本の大砲が並びましたが、何しろ今日は雛ちゃん(もう若かな?)が一度も姿を現しません。あるいは親セミたちに完全に追い出されてしまったかも。来るのは堰のボロボロのママセミだけで、立て続けに飛び込んで2,3匹のお魚を食べて帰って行ってしまいます。くちばしに泥をつけてくるので、二番子のために土木工事中と思われます。そのインターバルがおよそ2時間。ただ暑い中待つばかりです。合間に下流の♂カワちゃんが来るのですが、どうもパトロールの一環と見えて、何もしないで下流に行ってしまいます。かくして、ほとんど収穫のない一日でした。これはやっぱりseagullの呪いかも知れません。ここ数ヶ月、まともに撮らせてもらったことがないseagullです。以前鉄壁の鳥運を誇ったはずなのですが、そのツケが一気に来ているようです。今日ご一緒したお仲間の皆様、ご迷惑をおかけいたしました。すべてはseagullのせいなのではないかと思っております。(^_^;)

Dsc_5792_00001

結局チャンスは2回(1時半頃と3時半頃)しかありませんが、ことごとく飛び込む場所が悪く、背中しか撮れません。一回目は動きについて行けなくて、2回目はようやく動きになれてきたのですが、そもそも顔が見えません。参りました。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO720、ほんのちょいトリ。

Dsc_5793_00001

飛び込んだあと、コンクリートのお立ち台に戻るので、必ず後ろ向きになってしまいます。ISO560

Dsc_5794_00001

せっかく捉えても、全く絵になりません。ISO560

Dsc_5708_00001

戻るときもこのように背中ばかりです。嗚呼 ISO280、縦トリ+

Dsc_5584_00001

何度やっても同じパターンです。どうしたもんだろう?ISO500、縦トリ+

Dsc_5837_00001

最後のチャンスもこの通りです。ISO500、縦トリ+

Dsc_5594_00001

こんなにむなしい一日を過ごしたのも最近よくあるパターンです。ISO100、縦トリ+

Dsc_5716_00001

これでは明日以降が危ぶまれますが、seagullがいないと案外いいかも(弱気)(^_^;) ISO320、大トリ。

Dsc_5612_00001

鉄片のてっぺんからの飛び込みは速すぎて至難の業です。ISO320、縦トリ+

Dsc_5736_00001

暇なので、サギさんのオイカワ一呑みとか・・・。ISO250、縦トリのみ。

Dsc_5531_00001

チョウゲンボウさんの飛翔とか・・・。ISO100、大トリ。

Dsc_5539_00001

ISO100、縦トリ+

Dsc_5541_00001

データ同じ・・・。

Dsc_5519_00001

先週の雛ちゃんの飛び出し・・・。ISO200、縦トリのみ。
この子達はどうしたでしょうか?どこかで元気に暮らしているといいのですが・・・。(^_^;)

2018年6月 3日 (日)

水がらみに汗汗(^_^;)

今週あたりから梅雨に向かうとのこと、貴重な晴れ間にいつものフィールドです。11時半頃につくと、お仲間はO師匠と南の公園常連のTさんだけです。雛ちゃんがちょうど飛び込んでくれ、今日は幸先が良いかと待ちますが、まあやはり今日も来ない×2。雛ちゃんがおよそ1時間ごとくらいに来ては何度か飛び込みますが、なかなかお魚が捕れず、やっとお魚を捕ればこちらが撮れず。(^_^;) まあ情けない有様です。それでも午後には最大15本の大砲が並びまして、賑わいますが出は相変わらず。4時過ぎて皆さん徐々にお帰りになりますが、5時頃になり、残った4,5名に残業手当と言いますが、ようやくいいところに飛び込んでくれたのでなんとか満足して撤収しました。今日もお目にかかった多くのお仲間の皆様、お世話様でした。

Dsc_5413_00001

お立ち台からようやくいい角度で飛んでくれました。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO560、縦トリ+

Dsc_5414_00001

これまた大きなお魚を捕りました。ISO720

Dsc_5415_00001

どうしても後ろ向きが多かったのですがね。ISO720

Dsc_5425_00001

そのあと、なぜかコンクリートの壁に一直線・・・。(^_^;) ISO200、大トリ。

Dsc_5426_00001

あらら危ない。(>_<) ISO180

Dsc_5427_00001

ついに壁に激突です。

Dsc_5428_00001

壁を蹴ってUターン。水泳みたいです。お魚が重くて持ち上げられなかったのか、壁ドンで方向転換しようとしたのか、よく分かりません。

Dsc_5456_00001

ぐるりと回って、下流に運んでいきます。ISO400、縦トリのみ。

Dsc_5481_00001

やっと杭の上まで運んできました。肩で息をしていました。(ウソ)ISO180、縦トリ+

Dsc_4792_00001

水がらみは何度かあったのですが、あまりいい角度で撮れません。ISO560、縦トリ+

Dsc_4992_00001

こんなのはいかが・・・?(^_^;) ISO250、縦トリ+

Dsc_5291_00001

昨日はグリーンバックホバがあったそうですが、今日はコンクリバックホバ。ISO110、縦トリ+

Dsc_5515_00001

今日も元気な雛ちゃんでした。ISO200、縦トリ+

Dsc_5154_00001

珍しく鉄片のてっぺんに来てくれましたが、ここからは飛び込みませんでした。ISO160、縦トリ+

Dsc_4675_00001

おまけのチョウゲンボウさんのホバ。ISO100、縦トリのみ。
さて、しきりに下流の親が雛ちゃんの追い出しにかかっているようです。次回はどうなっているのかなあ・・・。

2018年5月26日 (土)

やっと雛ちゃんに会えました!

しばらくぶりのカワセミフィールドです。晴れる予報が結局どんより曇り空。午後からの参戦ですが、このフィールドはひな祭りを期待してCマンだらけです。雛狙いと堰の水がらみ狙いに分かれますが最大25本以上の大砲が並んだのではないでしょうか。雛ちゃんは堰より少し下流に出るのですが、およそ3,4羽。まだ親セミの追い出しもないようで、のびのびと餌取りをしています。でもあちこち飛び回るのと、ここいらはどうしてもフェンスがじゃまでうまく撮影できません。下がってフェンスの隙間から狙うと手前の草にかぶり、フェンスの上から狙うと高すぎて照準器やファインダーがのぞけません。結局雛ちゃんの止まりものは山ほど撮れましたが、水がらみは僅少で終わりました。(^_^;) 今日ご一緒した多くのお仲間の皆様、お世話になりました。しばらくぶりにカワセミをいやっと言うほど見たので、それだけで幸せなseagullです。

Dsc_4201_00001

雛ちゃん団子は撮れませんが、接近遭遇はしばしば。D500、600ミリ+1.4×テレコン(実効1260ミリ)、ISO400、ノートリ。画面に収まっただけもうけモンです。

Dsc_4092_00001

なかなか飛び込んではくれませんが、いろいろイベントが・・・。ISO500、ほんのちょいトリ。

Dsc_4093_00001

なんとなく下流の親セミのようですね。まだ追い出しにはかからないのかな?ISO500

Dsc_4230_00001

雛ちゃん同士、近くには止まるのですが・・・。ISO320、600みり(実効900ミリ)、ノートリ!テレコン外さないと画面に収まりません。

Dsc_4117_00001

雛ちゃんの止まりものはたくさん撮れましたが、みんな同じよう・・・。ISO500、実効1260ミリ、ノートリ!若セミはきれいですねえ。

Dsc_4157_00001

飛び込んだら小石をくわえてきました。間違えたんだか、練習してるんだか・・・。ISO500、ほんのちょいトリ。

Dsc_4166_00001

雛ちゃんをじっくりご覧ください。ISO450、ノートリ!

Dsc_4105_00001

下流の親セミも現れました。この親はまだきれいですね。堰のママセミはボロボロですが。ISO640、縦トリ+

Dsc_4314_00001

後半は堰で待ちましたが、まあ来ない×2。4時過ぎてやっと親セミ(♀)が現れました。くちばしが泥だらけです。二番子準備中ですね。ISO640、実効900ミリ、縦トリ+

Dsc_4367_00001

まあ、早すぎて追えません。あんまり水がらんでない水がらみ。(一コマ目を外した)、600ミリ(実効900ミリ)、ISO900、縦トリ+

Dsc_4369_00001

その続き、ISO400

Dsc_4372_00001

さらに続き、ISO280

Dsc_4403_00001

堰の止まり木にも雛ちゃんが来てくれました。ISO280、縦トリ+ でも良くないDNAを受け継いだらしく、見えないところや汚いところでお魚を捕ってしまいます。

Dsc_4446_00001

でも、水位は増えても雛ちゃんがしっかりお魚が捕れているのでちょっと安心しました。ISO560、大トリ。

Dsc_4008_00001

おまけ、雛ちゃんの水浴び。画面の端っこなので窮屈ですが。実効1260ミリ、ISO1400、大トリ。

Dsc_4009_00001

その続き、ISO1600

Dsc_4010_00001

元気で大きく育って欲しいものです。ISO1600
さて、次回はどうしようかなあ・・・・。(^_^;)

2018年5月20日 (日)

生存確認報告

連休以来、土日や休日にも何やら仕事が入り、全然カワセミ撮りに行けません。今は雛ちゃんが出ている絶好のチャンスなのに、今日も家で持ち帰り仕事です。そっちの面でも、すっかり鳥運に見放されています。嗚呼 このままでは死亡フラグが立ちそうなので、1月19日頃の在庫からとりあえず貼っておきます。皆様、seagullは(まだ)生きてますよ~。(*^_^*)

Dsc_7311_00001

この頃は水がらみが何枚も撮れて、いいのを選んで貼るなどと言う贅沢ができたんです、はい。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO800、縦トリのみ。

Dsc_7312_00001

この池にも大きめなお魚も居たんですね。ISO720

Dsc_7313_00001

データ同じ、川と違って水面が鏡みたいなので、写りこみがきれいです。

Dsc_7343_00001

またお魚を捕りました。ISO800、ややトリ。

Dsc_7344_00001

よいしょと持ち上げます。ISO800

Dsc_7345_00001

ISO640、縦トリ+

Dsc_7346_00001

そのまた続き、ISO640

Dsc_7347_00001

ISO640、ほんのちょいトリ。

Dsc_6918_00001

お魚なしの在庫はまだ残っています。(^_^;) ISO280、縦トリのみ。

Dsc_6919_00001

お魚なしの方がピントがいい・・・そういつものジンクスです。ISO320

Dsc_6921_00001

お魚なしの方がいい形・・・。これもジンクスですね。ISO320

Dsc_6922_00001

今は子育てでぼろセミになってると思いますが、この頃はきれいです。ISO360

Dsc_6889_00001

あ~、カワセミ禁断症状だ・・・。(>_<) ISO180、ほんのちょいトリ。
カワセミフィールドはひな祭りで賑わっているんだろうなあ・・・。ぐすん。

«連休最終日も・・・しょぼ~ん。(T_T)