フォト

Special Selection

  • 水がらみはすっきり系が一番
    へたくそ翡翠写真館が写真が増えて重たくなってきたため、作者お気に入りのセレクションをこちらにまとめました。

へたくそ翡翠写真館

  • 後ろ上方一回ひねり
    つれづれなるままに写しためた翡翠日記、ご覧くだされ。

ちょっといい風情

  • リスさん4
    花や動物、ちょっとしたスナップなど見てやってください。

2017年11月12日 (日)

本日成果なし!(>_<)

いいお天気とのことで、11時過ぎにいつもの公園に着きましたが、最近ここは午前中のみの活躍になっているとか。聞けば10時過ぎに川に行ってしまって戻らないと。でも待てば来るかな?と待てども×2。3時間半たっても戻ってこず、全くシャッターを押す機会もありません。仕方なくO師匠と二人、川に移動します。川ではいつものお仲間にもお目にかかれましたが、まあ、ここも渋い×2。上流、下流のカワちゃんがたまに出てきてくれるのですが、遠くに見えてカメラを担いでたどり着いたら飛ばれてしまうの繰り返し。飛び込みもお魚を捕れず、しかも背中ばかりで絵にもならず。お散歩の方も増えて、ますます撮れなくなり、お天気もどんどん曇って暗くなるので、お仲間共々4時には諦めて撤収です。結局シャッターも5,60枚押すのがせいぜいでした。今日ご一緒した皆様、お世話になりました。いやあ、散々な一日でしたね。

Dsc_2736_00001

もう暗くなった夕方、水浴びだか飛び込みだか分かりませんが、ようやく横方向から撮れました。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO3600!、縦トリ+

Dsc_2737_00001

その続き、ISO3600、ほんのちょいトリ。

Dsc_2706_00001

止まりものも近くに来たのはこれだけです。結構ビビリ、人が近づくとすぐ逃げてしまいます。ISO100、ほんのちょいトリ。

Dsc_2685_00001

カワちゃんが来ないので、違う鳥さんです。キセキレイさん。ISO1000、縦トリのみ。

Dsc_2647_00001

チョウゲンボウさんが向こう岸の木から飛び立ちました。突然だったので、露出を補正する暇がありませんでした。ISO100、縦トリ+

Dsc_2649_00001

飛び立ちました。現像時に苦労して補正しました。ISO100

Dsc_2650_00001

その続き、はじめは真っ黒のカラスでした。

Dsc_2651_00001

さらに続き、

Dsc_2652_00001

しつこく続き、ほかに貼るものないんですもの。ISO100、ほんのちょいトリ。

Dsc_2149_00001

これではあんまりなので、先週の残り物。ISO1800、ほんのちょいトリ。

Dsc_2254_00001

水がらみ、お魚なし。ISO560、ややトリ。

Dsc_2255_00001

その続き、ISO500

Dsc_2256_00001

そのまた続き、

Dsc_2561_00001

次はもうちょっとサービスしてよね?カワちゃん・・・。ISO160、ほぼ縦トリのみ。
最近鳥運に恵まれません。運が逃げちゃったかな?(*^_^*)

2017年11月 5日 (日)

いいお天気でしたが・・・。

今日も旧蓮池のカワちゃんは低調でした。(^_^;) 11時過ぎ頃に着きますと、見たことない真っ黒けの♀カワちゃんが活躍中です。でもだんだん上の池の水路の方へ行ってしまい、もっぱらそこで飛び込んでいましたが、完全に逆光の上、狭いところに飛び込むので周りの草にピントを持って行かれてなかなかうまく写せません。なんとかなったのは次の通り・・・。

Dsc_2355_00001

まあ、これがどんなに難しいショットであるかは、あそこにいた人でないと分かるまい・・・。(^_^;) D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO720、縦トリのみ。

Dsc_2356_00001

その続き、ISO720

Dsc_2357_00001

さらに続き、

Dsc_2369_00001

そのまた数コマあとです。ISO900縦トリのみ。

Dsc_2437_00001

いつもの♀カワちゃん、上の池、木の中からの飛び出し・・・。残念ながらお魚は捕れませんでしたね。ISO250、縦トリ+

Dsc_2445_00001

そのちょっと後。ISO280

Dsc_2447_00001

んで、その続き、ISO280

Dsc_2500_00001

2時半頃になって、ようやくいつもの♀カワちゃんが動き始めました。遅いんだよ! ISO220、ややトリ。今日初めての下の池、Fの字の止まり木からです。

Dsc_2502_00001

やはり、ここから飛んでくれるのが一番写しやすいです。ISO220、ほぼ縦トリのみ。

Dsc_2505_00001

その続き、ISO280、ほんのちょいトリ。

Dsc_2507_00001

いやあ、順光でいい色ですね。ISO360、ほぼ縦トリのみ。

Dsc_2510_00001

かくしてFの木に戻っていきます。ISO450

Dsc_2545_00001

近くの止まり木に来てくれましたが、このあと川に戻って行ってしまいました。粘って見てると、4時近くにまた戻ってきた♀カワちゃん。たいしたパフォーマンスもしないで遊水池に行っちゃいました。そんなわけで今日は4時に撤収。
今日ご一緒した多くのお仲間の皆さんお世話になりました。でも収穫は少なかったですねえ。(^_^;)

2017年10月31日 (火)

止まりものの日・・・。(^_^;)

久しぶりに元蓮池の公園です。一日快晴という天気予報は外れ、昼頃にフィールドに着いた頃はどんより曇り空です。でも夕方に近づくとようやく日が差して、いい日差しが降り注いだのですが・・・。ともかくカワちゃんが来ない。(>_<) まあ、来てもすぐいなくなるわ、全然飛び込まないわ・・・。仕方なく今日は止まりものしか撮れない日です。ここはどうやらビビりのくちばしの下が赤い♀カワちゃんが天下を取ったようです。なぜかここの池では餌を採らず、遊水池あたりで捕ってるようで、公園の池は休みに来るようです。これでは全く水がらみが撮れません。でも、皆さんがお帰りになった4時頃からちょこちょこ飛び込みもあったのですが、見えないところからの飛び出しとかで、およそうまく撮れませんでした。かくして、しばらくぶりのカワセミ撮影は低調に終わりました。今日ご一緒したお仲間の皆様、お世話になりました。ふう・・・。

Dsc_1925_00001

お休みしていた上の池の見えない木の中から、いきなり飛び込みました。シャッターを押したのはseagullだけでしたが、予想と全然違うところに飛び込まれて最初の2,3コマはピントが来ませんでした。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO450、縦トリのみ。

Dsc_1926_00001

その続き、鴨さんがびっくりしています。ISO400

Dsc_1927_00001

さらに続き、ISO400、ほんのちょいトリ。

Dsc_1928_00001

さらに続き、ISO400

Dsc_1936_00001

ようやく止まり木に止まりましたが・・・。ISO560

Dsc_1940_00001

お魚をくわえたまま飛んで行ってしまいました。ISO500

Dsc_1804_00001

今日は何しろ止まりものばかり・・・。だって全然飛び込まないんですもの。ISO720、縦トリのみ。

Dsc_1826_00001

ビビリなので上ばかり気にしてます。チョウゲンボウさんが上空を通過していきました。ISO720

Dsc_1836_00001

日差しも良くてきれいな止まりものなのですが、そんなのばっか・・・。(^_^;) ISO640

Dsc_1890_00001

散々気を持たせて、とうとう飛び込まずに飛び去ってしまいました。ISO800

Dsc_1969_00001

O師匠と二人、最後まで粘りましたが、結局餌もとれず、川に帰ってしまいました。ISO110、縦トリ+

Dsc_1683_00001

枯れ木にカワちゃん・・・。(^_^;) ISO180、ややトリ。

Dsc_1742_00001

おまけのモズさん、ISO220、縦トリのみ。
さて、次回はどうしようかなあ・・・。(>_<)

2017年10月26日 (木)

またまた京都まで行ってきました。その3

いよいよ最終日です。風はそれほどでもありませんが、雨は降り続いています。台風は深夜に上陸かも。帰りの新幹線は夕方だけどちゃんと動くのかなあ。ホテルのテレビの台風情報に釘付けです。在来線はどんどん運休や間引き状態になっています。

Pa220269_952

去年見た、京都の三大祭りの一つ、「時代祭」はついに中止となりました。29年ぶりのことだそうです。今出川の相国寺を訪ねたら、やっぱり・・・。

Pa220270_953

雨の様子が見えますか?ここにはまた改めて来てみたいと思います。片手は傘で塞がれてしまいますので、もう三日目はカメラを出すのも写真を撮るのも一苦労。

Pa220271_954

入り口で、警備のおじさんに「ネットで見たら正月以外休みなしって書いてるじゃないか!」と食い下がってるおばさんがいましたが、それは無体というものです。(>_<)

Pa220284_955

今回の京都旅行の狙いの一つは、「応仁の乱」から550年とかで、その史跡を訪ねたかったのです。織物で有名な「西陣」は、実は西軍の山名宗全の陣があったところ、従って、相手方の細川勝元の「東陣」も存在するわけです。

Pa220286_956

これらの写真が別に史跡というわけではありません。と言うか、地図や旅行書を見ても別に史跡があるわけでもないんですね。良く探すと道ばたに小さな碑や掲示板がある程度ですので、雨の中「東陣」の一部をさまよいましたが、ほとんど見つけられませんでした。

Pa220287_957

こういう古い家が京都には残っています。まさか550年は経っていないでしょうが。

Pa220288_958

道ばたの雨に濡れた紅葉とか・・・。

Pa220290_959

なんと言うこともない街中の公園ですが、この小川町児童公園が東陣の細川勝元邸あと。

Pa220292_960

この小さな説明書きが応仁の乱の証拠というわけですね。11年も続いた騒乱で京都は焼け野原となり、(黒澤映画の羅生門はこの時代?)大被害だったわけですが、実は西陣と東陣の距離はわずか歩いて5分。こんな狭いところで11年も戦争やってたのか?(>_<) そこに双方の軍勢あわせて25万とも言うのですが、どこにそんな人数が配置できたのでしょう?思えば謎だらけです。双方の大将は誰も戦死していないそうですし?

Pa220294_961

結局わずかな距離を歩いただけでは大した発見はありませんでした。ところで、こうした古い町の看板が残っているのも京都らしいですね。なお、東陣の中に室町という町名がありました。そこが室町幕府のあったところなんですね。

Pa220297_962

雨はどんどんひどくなってきましたので、濡れずに済むところと言うことでまたも京都タワーに登ります。

Pa220301_963

こんなですもの。景色どころではありませんが、まあ駅周辺で時間を潰すほかありません。

Pa220303_964

東寺の五重塔。かすんでいます。

Pa220309_965

根性ある新幹線は唯一時刻通り運行中です。seagullが家に帰るまで頑張ってね。(^_^;)

Pa220312_966

おんなじように行き場がなくなった人たちが集まっていました。双眼鏡を覗いても何も見えません。

Pa220316_967

たわわ君神社という御利益の超なさそうな神社がありました。通天閣のビリケンさんといい勝負です。誰がここで記念写真を撮りたいと思うかなあ・・・?
さてさて、やっと新幹線の時間です。みどりの窓口は、早めに帰る新幹線切符を求めて長蛇の列でした。取ってあった切符は4時半頃のでしたが、家に帰り着く時間帯までは小田原からの在来線を含め、時刻通りでした。偉いぞJR東海。でもそのあと新幹線は運行見合わせになってしまい、復旧は朝4時半だったそうです。うう、やっぱり弘法さんにお参りしたのが効いたかなあ・・・?(*^_^*) 
皆様、またしても退屈な個人旅行記にお付き合いいただき、ありがとうございました。でもまたまた台風22号が発生、今度の土日は雨の予報です。8月以来、土日がちゃんと晴れたのってどれほどあるんだろう?

2017年10月25日 (水)

またまた京都まで行ってきました。その2

さて、二日目です。ところで今回の宿なんですが、いつもの駅ナカのG京都が半年前でも予約が取れず、試しにと同じ駅ナカの最近できた、○鉄京都ステーションに2泊してみました。

Pa200001_892

フロントにこんなハロウィン飾りが・・・。広い部屋を予約したからですが、実際広い。設備も最新で快適ですが、ここはどちらかと言えばビジネスホテルに準じた扱い。観光ホテルのG京都とではサービスも、何より朝食のバイキングのメニューが段違いでした。まあ、あちらが豪華すぎるんだけど・・・。(^_^;)(宿泊料金も違うしなあ・・・。)

Pa210139_923

毎月21日は東寺で「弘法市」というのが開かれています。朝東寺駅についた頃はまだ雨が降っていなかったのですが、門に入る頃からやっぱり降り始めました。

Pa210142_924

掘り割りに鷺さんが・・・さすがにカワセミさんには会えませんでしたが。

Pa210144_925

たこ焼きの屋台を横目に門に向かっていくと・・・。

Pa210152_927

境内一杯にテントとブルーシートが。雨でなければ露店の市なんですけどね。

Pa210147_926

東寺の開祖は弘法大師、だから弘法市です。まずはお賽銭とお参りです、旅の無事と世界平和をお願いしましたが、お賽銭が50円では少なかったかな?(^_^;)

Pa210153_928

食べ物から骨董、様々なものが雑多に売られています。

Pa210155_929

価値のありそうなものから、どう見てもゴミに近いものまで。

Pa210156_930

(*^_^*)

Pa210159_931

上から見ると模様のようですね。でも雨が強くなってきて水がたまっていきます。

Pa210167_933

外人さんも一杯です、値段ははっきり言っていいくら加減です。

Pa210168_934

へい、ミスター、いいもの見つかったかい?

Pa210161_932

中にはお宝もあるんでしょうか?

Img_0163_891

で、お持ち帰りは、チェコ製のワイングラス。一個1800円というのを1500円でいいよと言うのでペアで買ってきました。

Pa210178_935

雨が本格的に降り始めましたが、電車で伏見に行きました。ここは龍馬通り。

Pa210179_936

京都に潜伏していた坂本龍馬が定宿にしていたのが「寺田屋」なんですね。そこに踏み込まれた龍馬がお龍の知らせで逃げ出したとか・・・。

Pa210184_937

これがその寺田屋です。以前来て中も見学しました。ここは今でも旅館営業中なんですね。

Pa210186_938

伏見は大阪湾から船で荷物を流通させる拠点だったわけです。実はこの掘り割り(運河)を巡る舟(十石船)に乗りたかったんですが。

Pa210194_939

雨がどんどんひどくなってきます、これでは舟どころじゃないかなあ・・・。

Pa210197_940

乗り場まで行ってみましたが、これでは無理と諦めました。(^_^;)

Pa210201_941

もう一つの伏見の顔は酒所ですね。

Pa210210_943

カッパカントリーというレストランに入ります。お昼食べなくちゃ。

Pa210209_942

うう、面目ない。昼から原酒の飲み比べです。

Pa210212_944

しっかりお昼ご飯をいただいたあと・・・。

Pa210217_945

今度は地ビールの飲み比べです。しょうがねえなあもう・・・。雨がいけないんです、雨が!

Pa210223_946

カッパです、それ以外の何でもありません。

Pa210224_947

駅に酔っ払いをいさめるポスターがありました。さすが伏見。(>_<)

Pa210231_948

雨で行くところがないので、駅前のデパートのミュシャ展を鑑賞しました。なかなか見応えがありました。アールヌーボーですかね。

Pa210242_949

んでもって、今年も結局松茸の土瓶蒸しにつられて湯葉懐石。このお酒の佐々木酒造というのは、俳優の佐々木蔵之介さんの実家だとか。へえ

Pa210249_951

土瓶蒸しに、松茸の卵焙烙焼き、松茸ご飯と湯葉桶、やっぱりおいしいなあ・・・。
はあ、どんどん人間がダメになっていきそう・・・。今年も満足してホテルに帰ります。でも明日は台風直撃とか、どうなってしまうのか、seagullの運命やいかに、以下明日。(T_T)

2017年10月24日 (火)

またまた京都まで行ってきました。その1

金土日と三日お休みができたので、またしても京都まで旅行に行ってきました。雨続きでカワセミ撮りにも行けないので、しつこく今回も旅行記でお茶を濁します。<(_ _)> 

さて、毎回絶対晴れ男のseagullなのですが、今回は連日の雨。おまけに超大型台風直撃というおまけ付きです。まあ雨の京都も風情があるかなと開き直って小田原駅です。

Img_0153_002_890

新幹線内で駅弁です。今回は東華軒の「その名も鶏めし」いや、うまかったっす。今回の旅行は、雨模様なので機材を厳選(?)しまして、PEN-F(マイクロフォーサーズ)に、17ミリF1.8と、12-100ミリのズームです。時折iphoneのカットも入ります。

Pa200003b_893

またしても富士山は見えず。でも京都に着く頃はかろうじて雨が上がっています。これは駅前の水族館のモニュメントなのですが、子どもたちに遭えばやっぱりこんなことに・・・。(^_^;)

Pa200027_897

お天気が持っているうちにと、タクシーに乗って「将軍塚」に向かいます。東山の上、ここが京都の始まりの場所とか。この塚に将軍の人形を埋めたのだそうです。京都市内が一望できます。

Pa200016_894

右の緑の場所が御所ですね。晴れてればもっと絶景なのでしょうが。

Pa200019_895

ここは紅葉の名所でもありますが、まだ一ヶ月は先、紅葉もこの程度です。タクシーの運ちゃん曰く、紅葉の季節は、歩いて一時間以内ならタクシーより歩いた方が早いとか。

Pa200020_896

それでも所々秋の風情が。

Pa200037_898

庭園が見事です。この紅葉が赤くなると、脳内変換してみてください。(*^_^*)

Pa200038_899

でも、この時期はバスもなくて、麓からタクシーを呼ぶ羽目になりました。

Pa200048_900

駅の周辺は京都タワーのおかげですぐ分かりますね。右は本願寺さんですね。

Pa200050_901

できれば紅葉の時期にまた来たいものです。次に、タクシーで建仁寺に向かいます。

Pa200060_902

建仁寺(祇園)の境内で、不思議な山伏の一行に遭遇しました。ホラ貝を吹き鳴らして行進してゆきます。

Pa200063_903

ぼんさん一人歩くの図。(^_^;)

Pa200067_904

境内を抜けると、魔利支尊天というお寺に出てきましたが、そこにホラ貝の音が近づいてきます。

Pa200071_905

先ほどの山伏さんたちが入ってきます。ここで、護摩行が行われるようです。

Pa200078_906

長々と儀式が続きます。ほかから来た山伏さんを迎える「なんとか問答」というやりとりが面白かったです。四隅に矢を放って、邪を祓います。

Pa200091_907

で、いよいよ護摩に点火なのですが、まあ、煙がすごくて燻されて逃げ出してきました。(^_^;)

Pa200094_908

お寺の前に不思議なお店がありました。こういう不可思議なものが一杯あるから京都は面白い・・・。

Pa200097_909

建仁寺前で、多分七五三かな?と思われるかわいい女の子が、舞妓さんの格好をしてました。スタイリストがつきっきりです。

Pa200098_910

せっかくのかわいいお化粧がお目にかけられなくて残念です。まあぼかしなしでも本人特定できないかもしれませんが。

Pa200101_911

(^_^;) 犬語で書いたら犬にも分かるかもしれませんが・・・。

Pa200104_912

おや、ひふみん・・・(^o^)

Pa200114_914

さて、毎度来ずには済まない、夜の木屋町です。高瀬川沿いにたくさんの人が集まっています。

Pa200128_915

毎度おなじみ、出逢ひ茶屋「おせん」今年も飲んだくれです。

Pa200129_916

料理良し・・・。

Pa200132_919

酒良し・・・。

Pa200130_917

大将と女将さんの写真も撮ったのですが、載せるのはやめておきます。(*^_^*) いろんな色紙が壁にあるのですが、seagullが一番好きなのがこれ・・・。アメリカ人の画家が書いたそうな。「酒なくて(あってのんで)何の己が桜かな。」(超字余り)

Pa200131_918

こんなのもありますが、ちょっと危ないかな?カメラは買わぬより買って後悔するって、うちの息子(にゃち)のようだ。

Pa200137_922

かくして京都の夜は更けてゆきます。明日は大雨の予報、どうなりますことか・・・。では続きはまた明日。(*^_^*)

2017年10月15日 (日)

雨また雨

「休日カメラマン殺すにゃ刃物はいらぬ、雨の三日も降れば良い。」なんちゃいまして。それにしても毎日雨です。三日どころか一週間以上雨模様です。来週末はまたしても京都に旅行に行く予定ですので、撮影や更新、皆さんのblog訪問もままなりません。やむを得ませんので、先週の残り物でつないでおきたいと思います。この雨で、蓮池のヘドロが流れてきれいになれば、多少の御利益はあると言うものですが、さてどうでしょうか?(*^_^*)

Dsc_1503_00001

順不同、お魚あるなし無視、とにかく乏しい在庫をはたいておきます。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO1250、縦トリのみ。

Dsc_1463_00001

元カンナ周辺の飛び込みは日が当たらなくなってからなので、露出が苦しいです。ISO2200!、縦トリのみ。

Dsc_1445_00001

おや、木枯らし紋次郎?(古)(^_^;) ISO1250、ほんのちょいトリ。

Dsc_1446_00001

その続き、ISO800、縦トリのみ。

Dsc_1547_00001

お立ち台の後ろ、ワイヤーから水の落ち口へのダイブはやめて欲しいものです。ISO450、縦トリ+

Dsc_1575_00001

最近お魚が少なくなったんですね、何度も失敗しています。ISO720、縦トリのみ。

Dsc_1605_00001

この日(10/9)のラストカット。飛び込んでもお魚が捕れません。ISO640、ほんのちょいトリ。

Dsc_1393_00001

杭からの飛び込みも後ろ姿になるからやめてよね。(^_^;) ISO800、ややトリ。

Dsc_1305_00001

水道橋の下の日陰も撮りにくいです。って、カメラマンの都合ばかり・・・。ISO500、ややトリ。

Dsc_1287_00001

お魚を捕ると遠くの杭の上に行ってしまいます。ISO320、ほぼ縦トリのみ。

Dsc_1338_00001

キセキレイさん、来るとすぐに意地悪ハクセキレイが追い出しにかかります。ISO1400、縦トリ+
さて、次回はいつ撮影に行けるのでしょうか?とほほ・・・ (T_T)

2017年10月 9日 (月)

堰はそこそこ・・・。

11時過ぎには堰に着きますが、お仲間はあまり来ておられません。ここの出のピークは午後1時以降だそうで、なるほど1時過ぎからいつものお仲間も集結です。皆さんお集まりの頃にカワちゃんもようやく登場。(^_^;) ♀カワちゃんが何度かパフォーマンスを見せてくれました。ずいぶん暇な時間もありましたが、終わってみればまあまあの一日でした。今日ご一緒したいつものお仲間の皆様、お世話になりました。皆さんお帰りになったあと、少し残業してみましたが、結局何の動きもないので諦めて4時半頃撤収いたしました。

Dsc_1360_00001

これが今日のベストショットかな?いいお天気で色もきれいです。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO560、ほぼ縦トリのみ。

Dsc_1513_00001

日が陰った頃、ようやく♂カワちゃんがカンナのところ(草刈りでカンナも刈られてしまいました)に出てきました。相変わらず逆光でしかも速すぎてついて行けません。ISO2000、縦トリのみ。

Dsc_1516_00001

ISO640、ノートリ!近いのはいいのですが、画面に収めるのは至難です。

Dsc_1517_00001

その続き、ISO720、縦トリのみ。

Dsc_1518_00001

さらに続き・・・。データ同じ。

Dsc_1181_00001

はじめの頃の飛び込み。ISO560、ほんのちょいトリ。

Dsc_1182_00001

その続き、データ同じ。

Dsc_1209_00001

大なのを捕って運んでいきますが、このあとせっかくのお魚を落としてしまいました。ISO560、縦トリのみ。

Dsc_1160_00001

お魚なしだとうまく撮れるジンクスは健在です。ISO560、縦トリ+

Dsc_1161_00001

その続き・・・。ISO450、ややトリ。

Dsc_1258_00001

お魚なしをもう一つ。ISO800、ややトリ。

Dsc_1259_00001

その続き、ISO800、縦トリ+

Dsc_1437_00001

もっと活躍して欲しかった♂カワちゃん。ISO2000!、縦トリ+

Dsc_1544_00001

最後はこうやって二羽並び。この二人はどうなるのでしょう?ISO200、ノートリ。
蓮池の下の池の半分は蓮の株が取り除かれていました。あと2,3日ですべて撤去されるとか。そうなるとここも期待できそうですね。(^_^;)

2017年10月 1日 (日)

終わりよければ・・・。

・・・すべて良し。あるいは、残り物には福がある。(^_^;)

いやあ、今日も全然ダメかと思いましたが、最後の最後でなんとかつじつま合わせとなりました。K橋に向かい、昼前についたら、O師匠とNさんがが撤収されるところでした。聞けば全然出てこないとのこと。今日は月の第一日曜なので、K橋ほとりの川の駅では、フリマとイベントが開かれています。また、田んぼでは子どもが集まり、稲刈りの真っ最中です。なるほどこれではカワちゃんも驚いて出てきませんね。せっかく来たのでしばし一人で様子見をしていると、あらま、カワちゃんが橋のエプロンに出てきました。飛び込みましたがお魚が捕れず。モニターを確認していたら「ちちい」と声が。なんとお魚をくわえて向こう岸の止まり木にいました。いつの間に・・・。でも小さいお魚だからと待ちますが、上流の♀カワちゃんや♂カワちゃんが現れて、その都度追いかけっこが始まります。三羽入り乱れての「サンバ(三羽)カーニバル」状態と言うわけで、ここは諦めました。堰に移動しても出が悪い×2。ようやくカンナ付近の止まり木に♂カワちゃんが出ましたが、一回飛び込んだきり。そのうち堰の♀カワちゃんと追いかけっこになってしまいました。で、再度諦めかけた最後の最後、♂カワちゃんがお立ち台からいいところに飛び込んでくれました。かくして、今日は時間を逆順にご紹介します。夕方はもう暗くて、ISO感度も上がりまくりです。今日ご一緒した皆様、お世話になりました。

Dsc_1096_00001

お立ち台からいい角度で飛び込みました。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO5600!縦トリ+

Dsc_1097_00001

その続き、ISO5000、もう周りは真っ暗です。今日も天気予報は外れましたね。

Dsc_1098_00001

さらに続き、これが本日のベストショットですかね。ISO5000、ほぼ縦トリのみ。

Dsc_1099_00001

しかしチャンスの少ない一日でした。ISO5600

Dsc_1043_00001

その少し前の大物採り。ISO2800!、ほぼ縦トリのみ。

Dsc_1046_00001

残念ながら後ろ向きでした。(^_^;) ISO2200

Dsc_0975_00001

カンナ前からの横っ飛び。ここからのをもっと撮りたかったのに、これきりです。ISO450、ほんのちょいトリ。

Dsc_0977_00001

しかし早くて追えないですね。ISO1000、ほぼ縦トリのみ。

Dsc_0978_00001

たくさん撮れてるようですが、実は貴重なチャンス。ISO1800

Dsc_0913_00001

最初の頃、K橋の下流のカット。ISO400、ほんのちょいトリ。

Dsc_0856_00001

橋からの飛び込み、右側ギリギリでした。ISO200、縦トリ+

Dsc_0901_00001

カワちゃん、もう少しサービスしてよ・・・。ISO200、大トリ。

Dsc_0947_00001

しばらくはこんな感じなのでしょうか?ふう・・・。ISO560、縦トリ+
どこに行ったら気持ちよくたくさんのカットが撮れるのでしょう?贅沢言うなって?ごもっともです。(*^_^*)

2017年9月24日 (日)

今日も待ち時間が長い・・・。(^_^;)

今日は晴れというので、早めにK橋に着きました。お仲間はお久のKさんお一人のみ。やあやあ、お久しぶりです。(^_^)/ カワちゃんは小さいのを食べたとのことで、しばし待ちます。12時20分頃、待ちかねたカワちゃん、橋のエプロンから飛び込みますが、目測を誤ってか、なんと一枚もピントが来ず。(しっかし、20コマ近く連射して、ただの一枚もピントが来ないって何それ?)己の腕の未熟さにすっかり落ち込むseagullです。大きいのを捕ったので、1時間半待ちを覚悟して待ちますが、1時間半どころか、前回の3時間を超えて、とうとう撤収する4時半までついに二度と飛び込みませんでした。(T_T)

でも、その間時々、おなか真っ黒の♀雛ちゃんや、別の♂若ちゃんが来てくれるのですが、そうなると始まる追いかけっこ・・・。何にも撮れずに終わるか?と思ったら、主の♂カワちゃんの留守の間に♀雛ちゃんが何度か飛び込んでくれました。下手くそでお魚は全然捕れないのですが、水がらみらしきモノは撮れたのでいいことにします。今日ご一緒したKさん、お世話になりました。お帰りになったあとはもっと悲惨だったんですよ。(^_^;)

Dsc_0737_00001

雛ちゃんは、姿は美しいですがお魚採りは下手くそです。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO450、ほんのちょいトリ。

Dsc_0710_00001

一時日も差したのですが、午後からは曇ってすっかり暗くなってしまいました。ISO2000!、縦トリ+

Dsc_0711_00001

ま、お魚くわえてれば言うことないのですがね。(^_^;) ISO1600

Dsc_0712_00001

お魚は一杯はねてるのに全然捕れません。ISO1250、ややトリ。

Dsc_0727_00001

雛ちゃん、君が来てくれなければ本当に丸坊主だったよ・・・。ISO2000、縦トリ+

Dsc_0590_00001

頑張って練習するんだよ・・・。(^_^;) ISO500、縦トリ+

Dsc_0627_00001

さて、肝心の橋の主は・・・。ISO125、大トリ。

Dsc_0630_00001

ど真ん中にいるのにどうしてピントが一枚も来ないの?反省のためにさらしておきます。ああ、恥ずかしい・・・。ISO360、ノートリ!

Dsc_0704_00001

これが今日遊んでくれた雛ちゃんです。ISO1100、大トリ。

Dsc_0801_00001

それでももう一度橋から飛び込んでくれると信じて待ちましたが、追いかけっこの末、こんな接近遭遇で背伸びとにらめっこ。嗚呼 ISO1000、超大トリ。

Dsc_0824_00001

こうなったらもうダメです。いつ終わるか果てしもありません。ISO900

Dsc_0837_00001

40分以上様子を見守っていましたが、もうらちがあかないと諦めました。4時半には周りも真っ暗です。寂しく撤収となりました。(>_<)
さあ、次回は先になるけど、どうしたもんかなあ・・・。西の公園ももう彼岸花は終わりというし・・・。

«上流、下流・・・(^_^;)