フォト

Special Selection

  • 水がらみはすっきり系が一番
    へたくそ翡翠写真館が写真が増えて重たくなってきたため、作者お気に入りのセレクションをこちらにまとめました。

へたくそ翡翠写真館

  • 後ろ上方一回ひねり
    つれづれなるままに写しためた翡翠日記、ご覧くだされ。

ちょっといい風情

  • リスさん4
    花や動物、ちょっとしたスナップなど見てやってください。

2019年1月17日 (木)

牡羊座は今日は最高の運気・・・。

・・・と言うことだからと言うわけではないのですが、持ち帰り仕事の山の中、いい天気に誘われて、最近O師匠が通われている堰より少し上流のM橋に向かいます。12時頃着きますと、あれれ?師匠ばかりか、どなたも居ません。止まり木も立っていないので、どこがポイントかも分かりません。心細いなか、1時頃にO師匠登場、いやあ地獄に仏、暗闇に灯台。(^_^;) 早速ポイントに案内していただきますが、なんと止まり木が引き抜かれていると。南の公園だけじゃないんですね。O師匠が仮の枝を立ててくださっている間に、手前のジャマな枯れ草をどかします。で、そこからまあ、来ない来ない。3時過ぎて日も傾き、今日は完全坊主と覚悟したときに来てくれましたよカワちゃん。そこから小一時間いろいろ遊んでくれました。そういえば今日は運気最高のはずでした。O師匠、今日は本当にお世話になりました。<(_ _)>

Dsc_1560_00001

カワちゃんが全然来ないので、仕方なく余計なものを撮っていました。キセキレイさん。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO720、大トリ。

Dsc_1567_00001

鬼クルミはカラスの成る木になっていました。ISO250

Dsc_1573_00001

ヒバリさん?ISO560

Dsc_1577_00001

止まり木の脇でひなたぼっこする野良にゃんこ。(^_^;) ISO250

Dsc_1857_00001

ムクちゃんの等間隔止まり電線。ISO100

Dsc_1581_00001

しまいにはお月さんとか・・・。ISO125、ほんのちょいトリ。

Dsc_1592_00001

ヒコーキとか・・。だって暇なんだもん・・・。(^_^;)

Dsc_1593_00001

諦めかけたら来てくれましたよカワちゃん、実に3時間待ち。ISO360、縦トリ+

Dsc_1654_00001

目の前の鉄骨にも来てくれました。ISO640、縦トリのみ。

Dsc_1663_00001

さあ、そこから始まるホバ大会。まずは遠くのホバから・・・。ISO110、大トリ。

Dsc_1698_00001

後ろを人が歩いていても平気の平左。ISO100、縦トリのみ。

Dsc_1747_00001

なんと目の前でホバしてくれました。背景はまるでひなあられ。(*^_^*) ISO180、ほんのちょいトリ。

Dsc_1766_00001

さあ飛び込むか?と思ったら・・・。ISO180、縦トリのみ。

Dsc_1781_00001

さらに目の前に来て二段ホバです。いやあ、しばらくぶりに撃ちまくる快感!ISO200、縦トリのみ。

Dsc_1791_00001

位置よし、光よし、背景よし。ずっと出てこなかったストレスはすべて吹っ飛びました。(^_^)/ ISO200、ほぼノートリ。

Dsc_1866_00001

欲には際限もなく、水がらみを所望したら・・・。ISO560、縦トリのみ。残念ながらお魚は捕れませんでした。

Dsc_1920_00001

そのあと水浴びしてましたが、それだって水がらみ。ISO400、縦トリ+

Dsc_1921_00001

そのつづき、データ同じ。

Dsc_1923_00001

一時はどうなることかと思いましたが、結果サービス満点。

Dsc_1957_00001

最後にもう一度目の前の鉄骨にあいさつしに来てくれましたが、もう日陰。ISO1400、縦トリのみ。

Dsc_1958_00001

で、飛び去っていきました。ISO1400、ほぼノートリ。

Dsc_1963_00001

頭上ではトンビさんがカラスに追いまくられていました。弱っちいなあ、猛禽のくせに。ISO180、縦トリのみ。
一次は鳥運に完全に見放されたと思いましたが、O師匠のおかげでどうやらつなぎ止められました。このフィールドもまだ行けそうですね。

2019年1月 8日 (火)

鳥運が逃げた。(^_^;)

今日はところにより3月並みの陽気になるという予報で、慌てて出撃です。でも、日差しは暖かいものの、風が冷たく、決して暖かい陽気とはなりませんでした。(^_^;) さて、いろいろ気になる翡翠フィールドですが、午前中はまず南の公園の様子を見に行きます。10時半頃(そもそも遅えよ)着きますと、お仲間の皆さんは皆お帰りになるところです。朝一は来たが、止まり木がなくなっているので戸惑ったか、川に戻ってしまって2時間来ないとのこと。このフィールドには止まり木を壊したり抜いたりするテロリストがいるらしく、せっかくのカワちゃんお気に入りの止まり木が折られていたそうです。多分早朝か夜中にやってるのでしょうが、どうしてそういう陰湿なことをするんでしょうね。ずっと以前には池の真ん中にある止まり木(水の中に入らないと行かれない)が壊されたことが何度もありましたしね。せっかく来たのだからと一人で待ちますが全く来る様子もなく、12時のチャイムとともに撤収です。

Dsc_1434_00001

撮れたのはメジロさんだけでした。D500、400ミリ(実効600ミリ)、ISO320、縦トリ+

Dsc_1446_00001

カワちゃん、あれから来たのかなあ・・・?ISO280

Dsc_1451_00001

午後は前回と同じ北のK公園です。前回活躍してくれたカワちゃん、昨日から左足を怪我したとのことで、気になって見に来ました。ところが、お仲間の車もバイクも何もない!これはダメかも分からんね、とぼやきつつ手ぶらで見に行くと、奥の止まり木から今まさに飛び込むところでした。慌ててカメラをセットして戻ると、下の池(Fの木)に来ていました。こんな変な止まり方しかできません。何だか痛々しいです。(>_<) 600ミリ(実効900ミリ)、ISO250、ややトリ。

Dsc_1453_00001

飛び込みましたがお魚は捕れません。ISO320、縦トリ+ このあとはぼかしちゃいました。

Dsc_1484_00001

島の枯れ木に止まりますが、やっぱり左足で踏ん張れないようです。風がある日に高い木に登ると踏ん張りがきかないので、低いところからの飛び込みしかできないのでしょう。ISO180、ややトリ。

Dsc_1499_00001

島の裏側に回りました、背中に哀愁が漂ってますね。ISO280

Dsc_1502_00001

おっと、そこから飛び込んで小さなエビだかヤゴだかを獲りました。ISO250、縦トリ+

Dsc_1503_00001

そのつづき、ISO250、結局今日の水がらみはこの一回だけでした。

Dsc_1504_00001

低いところからだと大きな魚は捕れないのでしょうかね。ISO250、ややトリ。

Dsc_1505_00001

前回(4日)は、高い木からの大ジャンプで大きなお魚を捕っていたのに、これでお腹を満たせるのでしょうか?このあと、午後1時に川に飛び去ってしまいました。この前にどれだけ食べたのか(餌がとれたのか)分かりませんが、野鳥の常として、身体の故障は命取りになりかねません。かわいそうです。

Dsc_1529_00001

待つこと45分。戻ってきた!と思ったらなんか変です。ISO1800、縦トリ+

Dsc_1546_00001

同じ♂ですが、毛並みはこっちがきれい。足も何でもなさそうですから、別の個体ですね。あちこちに止まって思わせぶりな態度でしたが、結局何もせずにいなくなってしまいました。どうやら威力偵察に飛来したのですね。レーダー照射してロックオンしてやれば良かったかな?でもあるいはこの個体がここの縄張りを横取りするのかも?
その後結局3時まで待ちましたがどちらのカワちゃんも戻っては来ず、日も陰ってきましたのでむなしく撤収しました。新年早々二回目にして鳥運に見放されたかな?(´。`)

Dsc_1301_00001

前回(4日)のカワちゃんの勇姿。できれば早く回復して欲しいものです。ISO320、縦トリのみ。

Dsc_1257_00001

同じく4日のカットISO200、縦トリ+ 帰り道で、堰かD橋のところにO師匠の車が、下流のK橋にもお仲間の車がありまして、年頭のあいさつとも思いましたが遠くから手を振って今日は失礼をいたしました。
さて、次回はどこに行けばいいのかなあ・・・?

2019年1月 4日 (金)

今年の撮り初めは?

・・・中吉でしょうかね。(*^_^*)

ようやくチョコ撮りで今年の撮り初めに行ってきました。お仲間の皆様にお目にかかりたくて北のK公園です。ここは新年から急に出が良くなり始めたそうな。でもここは朝は寒いので氷結してるかと11時半頃にのんびり到着です。そしたらまあ、Cマンが一杯。出が良いという情報が伝わったんですかね?でもおかげでO師匠、Nさんほか大勢のいつものお仲間さん方とお目にかかれ、新年のあいさつができました。明けましておめでとうございます。
カワちゃんは、「seagullさんが来たら遊水池に行っちゃったよ~。」と、あれま。昨日は出が良かったのにと言うので、一日おきの法則ってもんでしょうと言ってるうちに戻ってきました。そこから上の池の大きな木から連続3ジャンプでお魚を捕り、水がらみがいきなり撮れるというお年玉。でも、それから池には居てくれるのですがなかなか飛び込まず、かと思えば見えないとこや角度の良くないところにいきなり飛び込むの繰り返しであまり在庫貯金と言うわけにもいきませんでした。2時半頃に大きなお魚を捕って、いきなり通過したほかの翡翠を追いかけて遊水池方面に飛び去ったので皆さんここで撤収です。今日ご一緒した皆様、お世話になりました。で、今日の運勢は、お仲間皆さん「中吉」(なかよし)と言うことで、え~お後がよろしいようで・・・。(^_^;)

Dsc_1167_00001

順光の広いところに飛び込むときれいに撮れますね。これがこの公園の魅力です。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO200、ほんのちょいトリ。

Dsc_1168_00001

結構大きなお魚が居るもんですね。ISO200、縦トリのみ。

Dsc_1172_00001

いい感じです。(^_^;) ISO220、縦トリのみ。

Dsc_1173_00001

つづきです、ISO200

Dsc_1174_00001

つい嬉しくて一杯載せちゃいます。データ同じ・・・。

Dsc_1207_00001

れれ、そんな近いところに・・・。このあとは鴨さんにピントが行ってしまいました。ISO320、ノートリ!

Dsc_1210_00001

で、その2コマあと・・・。ISO360、縦トリのみ。

Dsc_1211_00001

さらに続き、ISO360、しかしよく食べますね。

Dsc_1150_00001

今日はほとんど上の池でした。飛び移り・・・。ISO320、縦トリのみ。

Dsc_1389_00001

2時半頃、お休みかと思ったらいきなり飛び込んで大きなお魚を捕りました。水がらみはバックの葦の映り込みにピントを取られてしまいました。ISO1100、縦トリのみ。

Dsc_1409_00001

これではもう一時間以上と皆さん諦めました。ISO220、縦トリ+

Dsc_1347_00001

一度だけ下の池に行き、Fの木にも止まったのですが結局全然飛び込まず。(>_<) ISO250、ややトリ。

Dsc_1147_00001

止まりものは何枚か撮れました。ISO320、ややトリ。

Dsc_1250_00001

お正月はいいお天気が続いて良かったですね。ISO125、縦トリ+

Dsc_1094_00001

おまけのアオジさん。ISO2000、ややトリ。
さて次回はいつ行けるかなあ・・・?(*^_^*)

2019年1月 2日 (水)

箱根駅伝

恒例の箱根駅伝の街頭応援に行ってきました。いろいろ番狂わせの今年の駅伝。明日の復路はどういう結果が待っているでしょうか?さて、実は別の企みがありまして、意外と使えるマイクロフォーサーズを鳥撮りに使えないか?と言う実験を兼ねています。オリンパスのOMD EM-1/Ⅱは、AF追従で10コマ、固定なら15コマが撮れると言います。ムービーでも通常30コマですけどねえ。電子シャッターでも撮れ、それなら無音で撮影ができます。今回掲載の写真の前半5枚ほどは電子シャッター、後半は通常の機械シャッターです。見分けがつきませんね。問題はAF-Cのピント追従能力ですが、雑誌やネットではいやに褒めちぎって書いてありますがどんなものでしょうか?さて、ではご覧ください。あ、別にすべての選手を紹介しようという意図ではありませんので、「うちの大学の写真がない!」とか怒らないでくださいませ。(*^_^*)

P1020865_3758

向かってくる被写体をひたすら連写します。レンズは40-150ミリ(35ミリ換算80-300ミリ)F2.8のproレンスです。焦点距離もいろいろ変えてみています。

P1020947_3759

あれ?このように前景や背景にピントを持って行かれることも多く、一度外すとなかなか戻りません。

P1020951_3760

沿道はすごい人混みで、乗り出してくる人の背中や、突き出したスマホ、応援の旗で視界が妨げられ、なかなか難しい撮影です。ちゃんと撮るつもりなら脚立が必要ですね。

P1021001_3761

顔認証をONにしておくと、このように両方にピントを合わせてくれます。

P1021063_3762

横位置で撮って、周りに煩わしいものが写っていると縦位置にトリミングしています。

P1021114_3763

ピントがしっかり来ると結構シャープですね。

P1021159_3764

時々、見事に何もピントが合わないカットがあります。測距ポイントは中央一点にしてあるので、真ん中に被写体が来ないためにほかにピントを取られるのは分かるのですが、何なのでしょうか?

P1021257_3765

うんと近づいてくるとやはりピントも追い切れないようです。

P1021388_3766

150ミリはさんにっぱと同じ(実際は違うが)感触ですから、バックのぼけはきれいです。

P1021428_3767

ふうむ、こうしたスポーツなどには使えそうに思いますが、中央から少し外れるとピントが大きく外れ、翡翠などの動きものには今ひとつかと思います。まだ使いこなしが十分ではないかと思いますので、いろいろ試してみようと思います。(^_^)/
追記:結局意外にも東海大が総合優勝しましたね。各校の選手諸君にもお疲れ様と言いたいところです。
ところで、撮影は往路4区小田原付近です。
なお、連写モードについてはよくマニュアルを見ると勘違いしてる部分もありそうです。何せ機能が多すぎ、もう少し試行錯誤が必要です。

2018年12月31日 (月)

あけましておめでとうございます。

皆様、新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
あまり撮影にも行けず、ずいぶんご無沙汰の皆様もおられますが、今年はまたカワセミ撮影に励みたいと願っております。(それにつけても、カワセミの出の悪さよ)(^_^;)

Dsc_0949_00001

それでは皆様、本年もよろしくお願いいたします。
                  2019 元旦 by SEAGULLおぢさん

2018年12月29日 (土)

2018年の撮り納めは・・・?

・・・小吉ってとこでしょうか?(^_^;) 早く撮影に行きたいと願えども、仕事残務や原稿の締め切りに追われ、ようやくの出撃が撮り納めになってしまいました。嗚呼 今日はクラブとして病院に貸し出していたカワセミ写真パネルを引き取る都合もあり、南の公園に向かいます。最近ここも出が復活したように聞きますが、出の良いのは朝のうちというのも承知の上、到着は10時半頃でした。そしたら駐車場でSみさんと遭遇です、おやお久しぶり。聞けば、朝8時から待っているが今日は一度も出てこないので、ほかのフィールドに向かわれるそうです。やっぱり安定にはほど遠いようですね。お仲間もほんのお二人ほど。で、待てども待てども現れず、今年の撮り納めは大凶で終わりかと思ったら、ようやく来ましたよ、11時45分。この時間だとお立ち台側からはそろそろ逆光であまり条件が良くありませんが、近くの枝にも来てくれ、ボウズは免れたとほっと安心ですが、結局たいしたこともせずに30分ほどで川に戻ってしまいました。それでも時々はやってきて、あまりパフォーマンスはありませんでしたが、そこそこ水がらみも撮れたので、まあいいことにいたしましょう。と言うわけで、撮り納めは小吉です。今日ご一緒した皆様、お世話になりました。

Dsc_0928_00001

お立ち台近くの止まり木から目の前に飛び込みましたが、ホップして飛び込んだのでギリ間に合いました。これで今年の運勢は使い切ったなあ・・・。(^_^;) D500、400ミリ(実効600ミリ)、ISO1800、ノートリ!

Dsc_0943_00001

池の真ん中の止まり木に向い、目の前を横切ります。ISO1250、縦トリのみ。

Dsc_0953_00001

逆光なのが惜しいですが、いい角度で撮れました。ISO1100、縦トリのみ。

Dsc_0954_00001

真ん中の枝です。ISO640、縦トリ+

Dsc_0961_00001

食べ終わったらお口の掃除です。ISO900

Dsc_0589_00001

初めのうちは寒くてお魚が動かないのでしょう。空振りばかりでした。ISO1600、縦トリのみ。

Dsc_0590_00001

いい角度だけど逆光なんだよなあ・・・。ISO1600、縦トリのみ。

Dsc_0592_00001

そのつづき、ISO1250、ノートリ!

Dsc_0601_00001

亀さん「何だ?」、ISO2200

Dsc_1001_00001

午後1時からは反対の順光側に回りました。400ミリ+1.4×テレコン(実効840ミリ)、ISO500、ややトリ。

Dsc_1002_00001

そのつづき、ISO450

Dsc_1005_00001

さらに続き、ISO500

Dsc_1024_00001

らくだ石に到着です。ISO560、大トリ。

Dsc_0913_00001

椿の前の止まり木に何度か来てくれたので、きれいな止まりものがたくさん撮れました。400ミリ、ISO500、ほんのちょいトリ。

Dsc_0918_00001

今年最後の飛びもの・・・・。(^_^;) ISO500、ほぼ縦トリのみ。

Dsc_0751_00001

解像感抜群です。大きくしてご覧ください。ISO450

Dsc_0973_00001

こんなところにも。ISO2800、縦トリ+

Dsc_0878_00001

ほかの鳥さんもいろいろ。コゲラさんとネムノキ。ISO500、大トリ。

Dsc_0522_00001

メジロさんと椿。ISO1400、縦トリ+

Dsc_0535_00001

ISO1600、縦トリ+

Dsc_0544_00001

ISO450、ほんのちょいトリ。

Dsc_1089_00001

雲一つないいいお天気だったのですが、3時頃になって急に曇って寒くなり、カワちゃんも来なくなってしまいましたので、撤収いたしました。
いつも見てくださっているお仲間の皆様、今年もお世話になりました。来年はもう少しカワセミ撮りに励みたいと思うのですが、なぜか年々仕事が忙しくなってくるような。おかしいなあ、働きたくもないのになあ・・・・。
それでは皆様、良い年をお迎えください!<(_ _)>

2018年12月17日 (月)

ホテルミラコスタに泊まってきました。その2

お待たせ(誰も待ってない?)しました。夜の部からです。部屋の窓際に椅子を持ってきて、電気を消し、のんびりショーを観覧です。目の前にあるスピーカーのポールがちょっとジャマだけど、まあ仕方がない。

Pb270234_2658

お約束の「魔法使いの弟子」ミッキーの登場です。

Pb270238_2662

花火と噴水にさらされて、ミッキーは熱いのやら寒いのやら?

Pb270261_2681

やがて火を噴くドラゴンが現れて、ミッキーとのタイマン勝負です。

Pb270264_2684

しょぼい花火では勝てそうにありませんが、そこはおとぎの世界。

Pb270270_2690

やがてディズニーのキャラクターがお船で総出演となります。今頃来て何の役に立つんだ?とか思いますけど。

Pb270276_2695

花火ビュンビュン、ショーのクライマックスです。

Pb270325_2712

ようやく静けさが戻りますが、夜の火山。このカメラの手ぶれ補正はすごいですね。

Pb270327_2713

まだ大勢がハーバーに集まっています。

Pb270333_2718

今夜最後の顔見世興行。キャラクター全員が船に乗って湾内を回ります。

Pb270342_2727

魔法使いの帽子はクリスマスツリーになりましたとさ。

Pb270350_2735

めでたしめでたし・・・。

Pb270361_2744

これでイベントはおしまいです。本当はこのあと花火大会のはずだったのですが、上空の大気不安定とかで中止になっちゃいました。あら残念。
10時閉園なのですが、窓から見てると11時過ぎてもぷらぷら歩いてるお客さんがたくさん居ました。全員が出てゲートを閉じられるのはいったい何時なんだろう?

Pb280373_2755

朝~。今日もいいお天気です。

Pb280379_3327

ゴンドラがゆっくり進んでいます、まだ今は開園前。本当は開園15分前には入れるって言うサービスがあったのですが、まあ慌てない。

Pb280414_2790

開園と同時にどっと入ってくるお客さん。キャストさんたちがハイタッチで迎えていました。

Pb280422_3369

ジミニークリケット。ピノキオの登場人(?)物ですね。「星に願いを」を歌ってたヤツ。

Pb280444_2817

朝一にミッキーたちが船に乗ってあいさつに出てきます。まるで宝船に乗った七福神みたいです。

Pb280460_2833

さて、今日も夢の国の始まりです。

Pb280475_3422

やったね。今度はクリスマスショータイムの抽選に当たりました。しかも一番いい正面席。

Pb280485_3432

またまた人の頭越しですが仕方ない。バリアングル液晶と手ぶれ補正が味方です。

Pb280514_3461

歌のお兄さんとお姉さん・・・。(*^_^*)

Pb280489_3436

んでもってミッキー。昨日よりはいい角度で撮れました。

Pb280507_3454

Pb280556_2919

そして去って行く・・・と。

Pb280561_2924

しつこくもう一度見たいとBBBの列に並びます。1回目の公演は早い者順です。

Pb280562_3508

今度は一階席がとれました。何度見てもこのショーは質が高いです。

Pb280565_3511

さて、時間があるので、電車で移動します。

Pb280571_3517

電車に乗るだけで20分待ちとは・・・。

Pb280579_3525

町並みはクリスマス一色です。

Pb280586_2944

 

さらにもう一つショーを見ましたが・・・。

Pb280584_3530

まあ正直いまいちかなあ・・・と。

Pb280588_2946

ヒヨちゃんが来てましたよ。(^_^;)

Pb280590_2948

101匹わんちゃんみたいなカップルも。

Pb280592_3538

アリエルのショーは今日はお休みでした。

Pb280595_3541

キャストさんが、ほうきと水で似顔絵を描くというパフォーマンス。

Pb280612_2966

船に乗ってまた港に戻ってきました。

Pb280615_3561

早くも夕暮です。ここは時間のたつのが早いなあ・・・。

Pb280622_2973

そろそろ帰り支度ですが・・・。

Pb280630_2980

いきなり道ばたでショーが始まりました。太めでめがねのキャストさんがいきなりオーディションに引っ張り出され、おどおど歌い始めると素晴らしい歌声。

Pb280635_3581

ぱっと制服を脱ぎ捨てると、「君こそがスターだ!」という小芝居ですね。でも歌は確かに素晴らしい・・・。

Pb280646_3592

さてさて、楽しませてもらったホテルミラコスタともお別れです。俗世間に戻ってようやく帰宅しましたが、ホテルから送ったミッキーの人形ほか、お土産類が翌日に届かず慌てるというオチがありました。今、そのミッキーは我が家の玄関で偉そうに座っています。

二日間にわたり、カワセミとは全く関係ない話しにお付き合いいただき、ありがとうございました。あと1週間頑張れば冬休み。年賀状も大掃除も何も手に着きませんが、休みに倒れ込むようにして仕事をこなしたいと思います。ふう

2018年12月16日 (日)

ホテルミラコスタに泊まってきました。その1

11月後半から今に至るも、仕事の連続で休日もなく、また急な寒さですっかり風邪を引き、どんより引きこもりになっているseagullおぢさんであります。その間、カワセミの出も最悪の状況が続いているようで、どこかに出かけようという気力も起きません。(末期症状だわ)(^_^;)

で、その忙しい合間を見て、11月末に東京ディズニーシーのホテル・ミラコスタに一泊してきましたので、そのときの写真で生存報告としたいと思います。その手の写真が嫌いという方、どうぞスルーしてくださいませ。
え?いい歳してなんだって?いやあ、アニメ好き、SF大好き、ファンタジー大好物の夢見るseagull。「願い続ければ夢は叶う。」などと非現実的なことを口にしても大丈夫なのはあの浦安の一角だけ。ほんの一泊二日、現実逃避をして参りました。

Pb270007_3001

京葉線、舞浜駅を降りるともうそこは夢の世界です。ディズニーリゾートも35周年だそうな。今回の機材はマイクロフォーサーズのオリンパスEM-1/Ⅱ、レンズは12-100のみです。

Pb270005_2999

ディズニーリゾートライン、早い話モノレールに乗ってぐるりと3/4周、ディズニーシーに向かいます。ランドはお子ちゃま向けですが、シーの方はアルコールもOK、大人向きの世界観です。

Pb270010_3004

車内もクリスマスムード一色です。ランドもシーも、何度も来ているんですけどね。

Pb270020_2448

通常の入り口ではなくホテルに直行、早めのチェックインを済ませます。さすがロビーも豪華です。ところで、このホテルのチケットはプラチナチケット。なかなかとれないので有名ですが、J○Bが頑張ってハーバービューのいい部屋をgetしてくれました。とんでもない値段でしたがここでは言いますまい。(^_^;)

Pb270027_3021

シーは港のイメージ、向こうはプロメテウス火山。時々噴火します。

Pb270034_3028

でました、大統領!着ぐるみ撮って何が面白い?と言いつつ、すごいカメラを持った人がたくさん居ます。このクリスマスショーが見たくてクリスマスシーズンに行ったわけです。

Pb270038_3032

歌と踊りの華麗なショーが続きます。でも人混みがすごくて、どうしても誰かの頭が画面に入っちゃいます。

Pb270055_2483

1日2公演、見やすい席は抽選です。最近はスマホのアプリで一発抽選ができるんですね。

Pb270058_3052

いやあ、楽しいもんですよ。(*^_^*)

Pb270161_2588

そして、サンタとともに船で去って行きます。ああ面白かった・・・。

Pb270093_3087

この歳では乗り物アトラクションはどうでもいいです。(実は宙返りコースターなど大好き)なので、次のショ-に向かいます。

Pb270095_3089

アメリカンウォーターフロント。USSコロンビア号の前でショーが始まります。

Pb270120_2548

さっき船で去って行ったはずのミッキーがもうここに居ます。(棒)

Pb270118_2546

ミッキーたちも大変ですが、バックのダンサーの皆さんも重労働ですね。ここもブラック企業の一つなのかも。

Pb270130_2558

さてお昼になりました。コロンビア号船内のレストランに向かいます。

Pb270133_2561

まずはこれ・・・。昼から面目ないっす。(無反省)

Pb270135_3129

軽く(?)食べて午後の作戦を練ります。平日っちゅうに人が一杯さすがクリスマスシーズンですね。

Pb270091_3085

ビッグバンドビート略してBBBは、シーの常設のショー中で一番人気です。1階席は抽選ですが全然当たらない。2階席は順番なので30分以上並んで2階席一番前に座れました。

Pb270169_3162

中はこんな感じです。公演中は撮影禁止なので肝心の中身の写真はありませんが、20世紀初めのアメリカのビッグバンドJAZZに合わせてディズニーのキャラクターが歌って踊ります。中でも一番盛り上がるのは、クライマックスにドラムをたたきながら登場するミッキー。バンドとドラム合戦のあげく、飛び出してきて踊ります。踊るだけのミッキーとか、ドラムだけのミッキーというのは分かりますが、両方をこなすミッキーはここでしか見られません。

Pb270170_2597

ああ面白かった・・・と、そのまま次の公演の列に並ぶ人も大勢居ます。

Pb270171_2598

会場以外でもゲリラ的にいろんなイベントをやってます。マーチングバンドのクリスマスソング。

Pb270179_2606

ダッフィーも参加してます。(^_^;)

Pb270197_2624

段々日が暮れてきます。

Pb270195_2622

いつもなら帰りの時間を気にし始めるところですが、今回は部屋からショーが見られるモンね。

Pb270202_2629

ホテルに入る前に入り口に行ってみました。

Pb270207_2633

入り口側から見た火山です。

Pb270210_2635

さて早めに引き上げて部屋に入ります。

Pb270289_2708

お姫様、三人そろってテレビを見るの図。(*^_^*)いや、知らない子たちですが、何か?

Pb270220_2645

部屋は豪華絢爛ですが、部屋から港で繰り広げられるショ-が見られるのはハーバービューと言われる側だけです。

Pb270227_2652

部屋からの眺めです。さて、これから夜のショーが始まりますが、寒いし場所取りも大変だし。部屋からのうのうとみてやろうと思います。ではつづきはまた明日。(^_^)/

2018年11月25日 (日)

水がらみに嫌われた日

三連休、やっと出撃ですが、南の公園が全然ダメというので(実際は今日に限って出ずっぱりだったそうな(^_^;))M川に向かいます。まずK公園を覗きますが来る気配すらなし。次にK橋に車を止めますが、お仲間の皆さんここはしばらくダメと堰に移動中です。大きなお魚を捕ると2時間待ちになるのだそうです。そこでまたも車を飛ばして堰に移動、O師匠ほか皆さんと合流です。ところが堰のカワちゃん、3時間ほどの間に来て飛び込んだ(?)のは2回だけ。一回目はコンクリート壁の上からの大ジャンプですが見事に石の陰。水がらみは見えません。二回目はずっと後(何度か通行人に覗かれて逃げちゃいまして)やっと来たと思ったらお立ち台の裏から真下に飛び込んだようですが、全く見えないところです。かくして水がらみは全滅。3時過ぎたので帰り際にK橋のところに寄ってみると、おひさのお仲間の皆さんが大勢、橋の上流50メートルほどのところで構えています。慌ててカメラを担いで向かい、下ろして照準器を調整しようとしたところでいきなり飛び込まれてしまいました。照準器も合ってなくて、せっかくの(今日初めての見えるところへの)水がらみもピントが来ませんでした。(^_^;)

途中堰とK橋の中間の♂カワちゃんが近くの枝に止まっていたので、大きくてきれいな止まりモノだけは撮れたので、まあいいことにします。本日ご一緒したお仲間の皆様、お世話になりました。どうも今日は裏目街道だったなあ・・・。

Dsc_0218_00001

石の陰に飛び込まれた数コマあとのカット。全く意地悪だなあ・・・。D500、600ミリ(実効900ミリ)、ISO900、縦トリのみ。

Dsc_0288_00001

ちょっと堰から見れば下流の♂カワちゃん。飛び込むのは草の陰でした。ISO320、ほんのちょいトリ。

Dsc_0305_00001

違う止まり木に移動します。フェンス越しなので一苦労。ISO400、縦トリ+

Dsc_0319_00001

やっぱり大きくてきれいなカワちゃんはいいですね。ISO100

Dsc_0372_00001

通行人に驚いて逃げ、上流の止まり木でペリットを吐いてました。でもここからは飛び込まず・・・。ISO280、縦トリ+

Dsc_0415_00001

川の真ん中の鉄パイプにも来ましたが、ここでも飛び込まず。ISO280、ほぼ縦トリのみ。何でわざわざ見えないところに飛び込んでお魚を捕るのさ?

Dsc_0456_00001

最後の水がらみ、一コマ目は見事にピントが来ません(画面が右に寄ってる)が、二コマ目が端っこになんとか。ISO640、ほんのちょいトリ。

Dsc_0465_00001

向こう岸のブロックに到達しました。ISO320、大トリ。

Dsc_0493_00001

これを食べたらまた2時間。もう5時には真っ暗ですから無理というものです。ISO280、大トリ。

Dsc_0426_00001

せめてもの水がらみ(?)サギさんのお魚採り。ISO160、ノートリ!

Dsc_0427_00001

そのつづき、ISO220、ほぼノートリ。

Dsc_0447_00001

これは大きなお魚ですが、ひと呑みにしてしまいました。ISO160、縦トリのみ。

Dsc_9397_00001

あまりに寂しいので、先日の南の公園の水がらみでお口直し(?)です。400ミリ、ISO1600、ほんのちょいトリ。

Dsc_9398_00001

そのつづき、こう言うとき南の公園はきれいですね。ISO1250、縦トリのみ。

Dsc_9136_00001

南の公園の♀カワちゃん。こっちの方が美人さんですかね?(^_^;) ISO320、縦トリのみ。
さあ、次回はどこに行こうかしら・・・?

2018年11月17日 (土)

土曜日はやっぱりどよよん・・・。(^_^;)

 暖かいいいお天気の休日です。ダメ元と言うつもりでまたも南の公園に昼過ぎから参戦です。ダメ元というのは、割と確実に来るようになった・・・と思ったこのフィールド、最近はどうも不安定だそうで、朝一しか来ないという噂。まあ試しにと様子見です。道路がめちゃ込みで、すいていれば15分もあれば着くところが45分近くかかりました。で、着いたのが12時過ぎ、そしたら「さっき満腹で川に帰っちゃったよ~。」と必殺仕切り人のY氏。いいお天気なのに常連さんは誰もいません。これでおよそ様子が知れるというもの。

 でもまあさっきまで居たのならまた来るさと待ちますが、来ない、来ない×2、来ない×3。結局2時間半待ってこれはもう丸坊主と覚悟を決めたところで、いきなり声もなく真ん中の止まり木に止まっていました。お立ち台の下の段にも子どもたちが一杯いるのに大胆なことです。でもそこらは飛び込まず、もう暗がりになったらくだ石に行って、そこからいきなり飛び込みました。それからあちこち移動しますが、今日はいいお天気の休日、どこに行っても人が居て、逃げ回るカワちゃん。結局たいしたパフォーマンスもなく30分ほどで川に帰ってしまいました。さて、ボウズを免れたのでよしとするか、やっぱりここはあてにならないと考えるか、微妙なところです。(^_^;)

Dsc_9925_00001

最近は太陽の角度が低くなって、順光側に早めに回らないと撮りにくくなりました。D500、400ミリ+1.4×テレコン(実効840ミリ)、ISO110、ほんのちょいトリ。きれいな止まりものがたくさん撮れました。(^_^;)

Dsc_9951_00001

やっぱりいいですねえ、きれいなカワちゃんは大好きです。(*^_^*) ISO100、縦トリのみ。

Dsc_0170_00001

で、結局お気に入りのらくだ石。でもそこはもう暗がりです。ISO220、ほんのちょいトリ。

Dsc_9964_00001

いきなり飛び込みました。ピントが追いつかないでないの・・・。ISO1250、縦トリのみ。

Dsc_9965_00001

いい感じでピントが来ました。さすがよんにっぱ。ISO1000、ほんのちょいトリ。

Dsc_9966_00001

そのつづき、ISO900

Dsc_9969_00001

れれ・・・。ISO900、ノートリ!。もう少し広いところに飛び込んでよ・・・。

Dsc_9972_00001

ピントが戻ってきました。ISO640、縦トリ+

Dsc_9974_00001

このカワちゃんはほんとにこの石の上が好きですね。ISO720、大トリ。

Dsc_9979_00001

たたいて食べちゃいました。ISO800

Dsc_0039_00001

ネムノキからも何度か飛び込もうとしたのですが、人がいるので慌てて戻ったりして・・・。ISO800、縦トリ+

Dsc_0060_00001

飛び込んだのは手前の暗がりで、ピントが来ません。何枚かあとにようやく・・・。ISO640、縦トリ+

Dsc_0062_00001

暗がりのとんがり石に戻ります。ISO800、ほんのちょいトリ。

Dsc_0064_00001

暗いは草がかぶるは・・・。(^_^;) ISO1250、縦トリ+

Dsc_0075_00001

ここは早い時間に日陰が増えちゃいますね。ISO2000、縦トリ+

Dsc_0012_00001

子どもたちが大勢居るのに、大胆にも向こう岸の止まり木に来ましたが、やっぱりすぐに逃げ出しました。ISO250、縦トリ+

Dsc_0164_00001

次にまた来るかどうか?このフィールドも迷うところです。ISO250、縦トリのみ。

«土曜日にどよどよ・・・。